イタリアの野菜のお話。(その1) アグレッティ

今日は一日曇り空のカザルパロッコ。
今度の日曜日はイースター。イイお天気になるかなあ・・・?
今回は毎回大好評の(だから誰にやーっ?)パンのお話に続いて野菜のお話だよ。
これから折を見て少しずつイタリアの野菜を紹介していきますね。よろしくー。

アグレッティ(Agretti)
d0170140_20192.jpg

Agretti(アグレッティ)またはBarba di frate(バルバ ディ フラーテ)「修道士のヒゲ」と呼ばれているこの野菜、店頭で見かけると「ああ、春だなあ・・・。」と感じます。日本語ではこしょう草、ガーデンクレスと言うそうです。初めて見たときの感想は「金魚鉢の中にある水草」でして、初めて食べたときの感想も「水草って食べてみたらきっとこんな味?」(笑)
なんて言うのでしょう?土臭い?独特な味がするのです。でもクセになる味。今では大好きな野菜の一つです。春先から5月いっぱいくらいまでが旬。なのでこの時期わが家では頻繁に食卓に上がります。食べ方はいたってシンプル・・・。コチラ↓
d0170140_2282715.jpg

ほんの少しの塩を加えて茹でるだけ。あとはオリーブオイル(EXV)とレモンをギュッと搾っていただきます。みなさんのお住まいの国にはありますか?




おまけ    さてコレは何の実でしょう・・・?
d0170140_2365984.jpg

正解はわが家のあんずでございます。ぐふふっ。でも今年は剪定したので例年より少なめ。(涙)
食べごろは6月の中旬くらいから。楽しみだな~。




d0170140_2432913.jpg

おおっと、ダメですよ、いきなり写真を撮っちゃあ・・・。
[PR]

by ruggine | 2011-04-23 02:48 | サラダ&野菜&フルーツ  

<< イースターの朝ごはん。 花ズッキーニのフライ >>