ラグー イン ビアンコ(Ragu`in bianco) 白いミートソース

みなさん、お久しぶりです。飼い主さん、息子クンに娘っ子が日本から帰って来ました。
なんだか3人共ちょっと太って帰って来たような・・・。
「そりゃ~ねぇ、おいしいモノいっぱい食べたし・・・。」とブツブツつぶやく飼い主さん。
でもね、今日はもっと太ってもらいますよ!!
「ええっ???なんでっっっ?」
なんと今夜は飼い主さんのダンナさんお手製のミートソースじゃ!!
「わあ~、ミートソースっ!!やっぱりイタリアはいいねぇっ!!」
今回は「おにく」いっぱいっ!!ボクもうれしい♪ラグー イン ビアンコ(Ragu`in bianco)
白いミートソースを紹介します。

ラグー イン ビアンコ(Ragu`in bianco) 白いミートソース
d0170140_23461734.jpg


材料(4人分)

牛ひき肉           350g
サルシッチャ         2本
パンチェッタ         100g
にんにく            2片
たまねぎ            1コ
にんじん            1本
セロリ              〃
ローズマリー          1枝
セージ            4,5枚
白ワイン          1/2cup
野菜のブイヨン       1/2ℓ
オリーブオイル(EXV)

フェットゥチーネ

作り方

① 野菜はそれぞれみじん切り、ハーブ類も細かく切っておく。(ローズマリーは枝から切り離して葉の部分のみを使用。)

② 厚手のなべにオリーブオイル(大さじ2くらい)を入れ弱火にかけにんにくを入れて炒める。

③ にんにくの香りがしてきたら野菜を加えてじっくりと炒める。

④ 野菜がオイルを吸ってしんなりしてきたらローズマリー、セージを加えてさらに炒める。

⑤ ④に細かく切ったパンチェッタを加え、パンチェッタの脂を溶かすようにゆっくりと炒める。

⑥ さらに薄皮からサルシッチャを引き出しながら(小指大)⑤に加える。

⑦ 最後にひき肉を加え全体がパラパラになるまでよく炒める。

⑧ ⑦に白ワインを加え、(火加減は弱火のままだよ。)ワインの水分が無くなるまで炒める。

⑨ ⑧に野菜のブイヨンを加えて強火にし、煮立ったら再び弱火にして約30分、ブイヨンが少し残る程度に煮詰め、塩で味を調える。

⑩ 茹で上がったパスタに絡めて出来上がり♪(今回はフェットゥチーネを使用。)

※イタリアではトマトを使用しないお料理にin bianco(イン ビアンコ)=白い、という言い方をします。逆に言うと一般的にはそのお料理はトマト味のモノ・・・とでも言うのかな?
とにかくin biancoと表示されているお料理にはトマトが入っていない・・・という意味なのです。
例) Vongole in bianco(ヴォンゴレ イン ビアンコ)=あさりのパスタ・・・とかね。

※仕上げにバジルの葉っぱを数枚加えると風味がグ~ンっとアップするよ。

※たまにはトマト味ではないミートソースもいいよね♪お試しあれ~。

卵部長卵番長のサルシッチャを使ったボリューム満点の男子パスタはコチラ。←見てね~。




いただきもの。
d0170140_0334168.jpg

イタリアから日本に無事到着、ruggine夫に電話をすると「空港から帰って来たら届いてたよ。」
セシリアさんからの心温まる贈り物。でも残念なコトに入れ違いになってしまったのでしたっ。
コチラに帰り、封を開けると新茶と美しい文字で書かれたお手紙が入っていました。
セシリアさん、ありがとう♪大切に飲ませていただきますね。




d0170140_0502340.jpg

これからもよろしくねっ!!ガオオオオオーーーーーッ。
 
♪~♪ruggineさんより一言♪~♪

みなさま、ご無沙汰しておりました。約一ヶ月弱の里帰りが終わり、ブログを再開いたします。
いつものレシピブログに加えて日本で見たモノや購入したモノもちょこちょこ掲載して行く予定でおります。(あんまりみなさまのお役に立てる・・・とは思いませんが。笑)
これからもルッジネ&ruggineファミリー、よろしくお願いいたしますっ!!
[PR]

by ruggine | 2011-08-01 01:09 | お肉料理  

<< バール   その8  ... しばらくお休みします。 >>