「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お米・穀物料理( 16 )

 

エビとセロリのピラフ

みなさんこんにちは。
昨日から突然晩秋に突入したカザルパロッコです。
「いやあ、昨日の寒さにはビックリだったわよね~。」と飼い主さん。
そうそう、風が冷たかったんだよね。
「そうなのよ~。ま、今日は昨日に比べれば暖かいかしら???」
風がない分そう感じるのかもよー。
「こんな日はピラフでしょっ!!」
へっ???相変わらずの急展開???
今回は香りも一緒に食べましょう♪エビとセロリのピラフを紹介します。

エビとセロリのピラフ
d0170140_3101070.jpg

材料

エビ         300gくらい
バスマティライス  400g
セロリの葉っぱ   2本分
固形スープの素    1コ
オリーブオイル(EXV)


作り方

① エビは頭と殻、背ワタを取り除いておく。セロリの葉っぱはざく切り。

② 鍋にオリーブオイルを入れて弱火にかけ、エビの頭と殻を入れて炒める。

③ エビの色が変わったら固形スープの素と水を入れて強火にする。

④ 沸騰したら火を弱めて常にフツフツしている状態にしておく。

⑤ フタ付きの耐熱容器にオリーブオイルを回し入れて弱火にかけ、エビ、セロリの葉っぱを加えてサッと炒める。

⑥ ⑤にバスマティライスを加えて軽く混ぜ合わせ、④のスープを加える。(スープの量はお米より上1cmくらいが目安だよ。)

⑦ フタをして200℃のオーブンで約20分、水分がなくなるまで炊く。最後に足りなければ塩を加えてね。

※セロリの葉っぱの香りがエビと合うよ。

※加えるスープは必ず沸騰しているモノを使ってね。

※いっぱい作ってドリアにしても美味しいよ。





d0170140_3573233.jpg

んふふ♪エビピラフ~。

きゃーっ、みなさまっ!!いつもいつも温かい「イイネ」をありがとうございます♪
みなさまへのご訪問&「イイネ」が遅れていますっっっ。ごめんなさい。
そして新しく「イイネ」を送ってくださったみなさま♪今週中に必ずご訪問させていただきますね。
なんだか忙しいのだ。(涙)
[PR]

by ruggine | 2013-11-12 03:02 | お米・穀物料理  

エビとズッキーニのファッロ de ピラフ

みなさんこんにちは。
いやー、ローマ、物凄くイイお天気が続いています。
今日なんて暑かったですよ。
「もうビックリ~。」と飼い主さん。
どうしたんですか???
「今日歯医者さんに行ったらさ・・・、」
行ったら・・・???
「なんとっ!!クーラーがついてましたよっ!!」
えーっ!?ホントに???
「うん。でも暑いからちょうどよかったけど・・・。」
もうスグ10月も終わるっていうのにねぇ。
「・・・と、言うコトで、今回はファッロを使ったヘルシーなプリモよん♪」
ん???どーゆーコトで???
今回はファッロのつぶつぶがおいしいよ♪エビとズッキーニのファッロ de ピラフを紹介します。

エビとズッキーニのファッロ de ピラフ
d0170140_626981.jpg

材料(4人分)

ファッロ           350g
エビ             300g
ズッキーニ          2本
にんにく           2片
オリーブオイル(EXV)


作り方

① エビは頭と殻、背ワタを取り除いておく。ズッキーニは薄い半月切り、にんにくはみじん切りにしておく。

② 鍋にオリーブオイルを入れて弱火にかけエビの頭と殻を入れて炒める。

③ エビの色が変わったら水を入れて強火にする。

④ 沸騰したら火から下ろして煮汁を漉しておく。

⑤ 再び漉した煮汁を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら塩を少し加えて25~30分茹で、ザルにあげておく。(塩はファッロにうっすらと塩味が付くくらいにしてね。)

⑥ フライパンにオリーブオイルを回し入れてにんにくを加える。

⑦ にんにくの香りがしてきたらズッキーニを加えてよく炒める。

⑧ ズッキーニに火が通ったらエビを加えてサッと炒める。

⑨ 最後に⑤のファッロを加えて水分を飛ばしながら炒め、塩で味を調える。

※ファッロとは・・・コチラ↓
d0170140_645494.jpg

イタリア語でFarro(ファッロ)、スペルト小麦のことですね♪
よろしければコチラコチラも見てね。





おまけ  おおっ、
d0170140_1201535.jpg

しょうがクン、芽が成長してきましたっ。





d0170140_1215438.jpg

お鼻をシッポでカバーすると風邪をひきませんよ。みなさんもお試しを。

ルッジネさん、私達にはシッポはないんです。
[PR]

by ruggine | 2013-10-30 01:26 | お米・穀物料理  

LALAさんに教えてもらったスパムむすび♪

みなさんこんにちは。
いや~、このトコロ明け方から朝にかけて雷雨が続いているカザルパロッコです。
「もう明け方カミナリのゴロゴロで目が覚めちゃう~。」と飼い主さん。
ボクなんてお外で寝てますから尚更ですよ。
「だから寝不足~。ナニかお腹にどっかりするモノ食べなきゃー。」
そうだよね。じゃないと1日もたないよ。で???ナニ作るの???
「んふふ♪今日はね、LALAさんに教えてもらったスパムむすび♪」
おおーっ、イイですねぇ!!
今回はアンダンスーが決め手♪LALAさんに教えてもらったスパムむすび♪を紹介します。

LALAさんに教えてもらったスパムむすび♪
d0170140_39670.jpg

材料(8コ分)

スパム                1缶
ごはん       お茶碗3杯分くらい
アンダンスー
焼き海苔




にょほほ~♪
d0170140_3135996.jpg

作り方

① スパムを缶から出して8等分にカットしておく。

② フライパンでスパムを両面こんがりと焼く。(オイルは不要。)

③ ごはんを8等分にして俵型のおむすびを8コ作る。(塩は加えないよ。)

④ おむすびの上にアンダンスーを薄く塗り焼いたスパムをのせて焼き海苔を巻く。

※アンダンスーとは・・・、
d0170140_323760.jpg

沖縄の油味噌のコト。コチラのアンダンスーはLALAさんからのプレゼント♪
LALAさんによるとコチラにたまご焼きをプラスした「ポークたまごむすび」は
沖縄のコンビニやスーパーのお惣菜コーナーの定番&人気メニューなんだそうですよ。
今度はたまご焼きも一緒に巻き巻きしよーっと。





d0170140_3242114.jpg

見て見て~♪このツヤっ!!一旦箸をつけると止まらなくなる美味しさっ!!
さすがチーム「食に貪欲」じゃなかった、チーム「食の追求」のメンバー(LALAさん、SHUさん、ruggineさん)のセレクトっ!!←えっ!?そんなチームあったの???
LALAさん、ありがとうございました♪♪♪





おまけ  買っちまったよ・・・、
d0170140_341748.jpg

Nutella(ヌテッラ)の家族使用バージョン♪まさかの825g!!
だってぇ~、肌寒くなるとチョコレートって食べたくなりませんか???





d0170140_3434743.jpg

スパムむすび・・・息子クンくれなかったよ・・・。

あら~、それは残念っっっ!!
[PR]

by ruggine | 2013-10-09 04:01 | お米・穀物料理  

花ズッキーニとエビのリゾット

みなさんこんにちは。
日に日に秋が近づいて来ているカザルパロッコです。
「そろそろリゾットが恋しい季節になってきたわね~。」と飼い主さん。
朝晩肌寒くなってきたモンねぇ。
「今日は花ズッキーニとエビを使ってちょっとオシャレなリゾットよん。」
おおーっ、豪華にエビ入りですかっ!!
今回はおもてなしにピッタリ♪花ズッキーニとエビのリゾットを紹介します。



花ズッキーニとエビのリゾット
d0170140_0555588.jpg

材料(4人分)

お米              350~400g
たまねぎ               1/2コ
花ズッキーニ             12本
エビ                  300g
サフラン                1袋
白ワイン              1/2cup
オリーブオイル(EXV)


作り方

① たまねぎはみじん切り、花ズッキーニはシベを取り除きタテ半分にカットしておく。

② エビは頭と殻、背ワタを取り除く。

③ 鍋にオリーブオイルを少し入れて弱火にかけ、②のエビの頭と殻を加えて炒める。

④ 色が赤くなったら水を入れて沸騰させ、そのまま2,3分煮る。

⑤ 別の鍋にオリーブオイルを入れて弱火にかけエビの身を入れて炒める。

⑥ エビの色が変わったら一旦取り出す。

⑦ ⑥の鍋にたまねぎ、花ズッキーニを加えてよく炒める。

⑧ さらにサフラン、白ワインを加えて火を強め、アルコール分を飛ばす。

⑨ ワインのアルコール分が飛んだらお米を加え、④のブイヨン(←常にフツフツと沸騰している状態にしておいてね。)をひたひたにお米がかぶるくらいに入れる。

⑩ フツフツしてきたらブイヨンとお米を馴染ませるように混ぜる。

⑪ お米がブイヨンを吸って無くなってきたらまたひたひた程度にブイヨンをたし混ぜる。

⑫ この作業をお米が少し芯を残す程度になるまで繰り返し、最後にエビを加えてサッと混ぜ合わせ、塩で味を調える。

※今回はちょっぴり豪華にサフラン入り~♪

※エビのお出汁だけで味付けしたデリケートなリゾット♪お試しあれ~。





おまけ  今日も元気に・・・、
d0170140_1313140.jpg

スマイル、スマイル~♪





d0170140_1343042.jpg

最近この角がお気に入り、なのです。
[PR]

by ruggine | 2013-10-08 01:37 | お米・穀物料理  

カレーリゾット

みなさんこんにちは。
週末からポカポカ陽気が続いているカザルパロッコです。
「春になると食べたくなるモノ・・・。」と飼い主さん。
ハイっ!!「おにく」でーすっ!!
「ブブーっ!!正解はカレーでした。」
えーっ、カレーってよく夏って言うじゃん。
「だから~、こうやって急に暖かくなると食べたくなるのよ~。」
うーん、わからなくないケドねー。
「でしょっ、でしょっ???今回はリゾットにしてみたの。ひき肉も入ってるわよ~。」
ワーイっ!!
今回はいつものカレーライスをリゾットで♪カンタン&おいしいカレーリゾットを紹介します。

カレーリゾット
d0170140_1361225.jpg

材料(4人分)

お米               400g
玉ねぎ             1/2コ
牛ひき肉            150g
バター              30g
白ワイン            150cc
野菜のブイヨン       1ℓくらい
カレー粉           大さじ1
しょうゆ              〃
クミン              小さじ1
コリアンダー           〃
ターメリック           〃
砂糖               〃

ガラムマサラ
パクチー

作り方

① ブイヨンを火にかけ沸騰させ、沸騰したら弱火にし、常にフツフツとしている状態にしておく。

② たまねぎはみじん切りにする。

③ なべにバターを入れ弱火にかけ、バターが溶けたら②のたまねぎを加え弱火で炒める。

④ たまねぎが透き通ってしんなりしてきたらひき肉を加えてさらに炒める。

⑤ 肉の色が変わったらカレー粉、クミン、コリアンダー、ターメリック、砂糖を加える。

⑥ ⑤に白ワインを加えて火を強め、アルコール分をとばす。

⑦ ⑥にお米を一気に加え素早く混ぜ合わせる。

⑧ 全体が混ざったら①のブイヨンをひたひたにお米がかぶるくらいに入れる。

⑨ なべがフツフツしてきたら弱火にしてブイヨンとお米を馴染ませるように混ぜる。

⑩ お米がブイヨンを吸って無くなってきたらまたひたひた程度にブイヨンをたして混ぜる。

⑪ この作業をお米の芯を少し残す程度になるまで繰り返し、最後にしょうゆ、好みでガラムマサラを加えてあればパクチーをのせる。

※いつものカレーライスをリゾットで♪いつものリゾットをカレー味で♪おいしいよ。

※カレー粉の量はお手持ちのカレー粉の辛さで加減してね。

※インド人も納得の味♪お試しあれ~。





おまけ  ウマウマな夜♪
d0170140_222231.jpg

先日お友達のIさんと楽しいひとときを過ごしてきましたよ♪
コチラは花ズッキーニのフライ。





d0170140_2231915.jpg

モッツァレッラブーファラのピザに・・・、





d0170140_2244556.jpg

Iさんのドルチェはミルフィーユをシャンティクリームで♪





d0170140_2272951.jpg

ruggineさんはチョコレートタルトをバニラアイスと強引に注文した生クリーム(笑)と共に。





d0170140_2304711.jpg

タルトの中はとろりんちょコレートっ!!きゃーっ♪
はー、おいしかった。





d0170140_2324558.jpg

ボクは飼い主さんのダンナさんがニガテです。






d0170140_2384559.jpg

理由はね、こうやってわちわち触りまくるからっ!





d0170140_244137.jpg

わちわち。





d0170140_247619.jpg

わちわち。





d0170140_2513086.jpg

ぎゃーっ、もう止めてってばっ!!




d0170140_2334122.jpg

コレがボクなりの精一杯の愛情表現。

これ以上は・・・ムリだよねっ。(笑)
[PR]

by ruggine | 2013-04-09 02:55 | お米・穀物料理  

トマトリゾットのオーブン焼き

みなさんこんにちは。
じわじわと夏がやって来ているカザルパロッコです。
「本格的な夏が来る前にリゾットでも作りましょう。」と飼い主さん。
う~ん・・・、お米料理ねぇ・・・。
「今度おいしい「おにく」料理を作ってあげるから♪ねっ。」
いつもそれでダマされているような気がしますけど。
今回はみんな大好き♪トマトリゾットのオーブン焼きを紹介します。

トマトリゾットのオーブン焼き
d0170140_18472225.jpg


材料

お米           400g
トマトソース       2cup
たまねぎ          1コ
白ワイン         1cup
バター           30g
野菜のブイヨン    1~1,5ℓ
モッツァレッラ       2コ
パルメザンチーズ
オリーブオイル(EXV)


作り方

① リゾットを作る。コチラの①~⑦まで工程を参考に、出来上がったら耐熱容器に入れて平らに均し冷ましておく。

② ①のリゾットにモッツァレッラをのせ、パルメザンチーズを振りかけて200℃のオーブンで15分、さらに上段加熱設定で5分、チーズがこんがりとするまで焼く。

d0170140_1902521.jpg

※モッツァレッラがとろりんちょ♪うまー。

※わが家ではいつも前の日のリゾットが余ると翌日にこのようにオーブン焼きに変身して
食卓に登場♪忙しいお母さんにもお財布にも優しい一石二鳥の一皿♪
・・・だったのですが、最近は育ち(過ぎ)盛りの子供達云々・・・リゾットが余りませんの。(涙)
なのでわざわざこのオーブン焼きのためにリゾットを作るという・・・なんか納得がいかんな。




おまけ  息子クンとバールで朝ごはん♪
d0170140_199535.jpg

ruggineさんのカフェラッテを運ぶ息子クン♪
土曜日の朝、息子クンとおされなバールへ行ってきましたよ。




d0170140_19111494.jpg

コチラのバールはカフェラッテをオーダーするとエスプレッソが別についてきて自分の好みの
濃さに出来るトコロが嬉しい。




d0170140_19125813.jpg

エスプレッソを注いで~、




d0170140_191349100.jpg

ほ~ら、こんなにキレイなカフェラッテが出来上がりましたよ~♪




d0170140_19145963.jpg

やっぱりキミがイチバン!!イケメンぢゃ。フフフッ。

夫は早くから所用で出かけてしまい娘っ子はグースカ。だいたい私の寝室に息子クンが「おはよう。」なんて来るコト自体、
なにか魂胆があるのよね。「バールに朝ごはん食べに行こう。」だと???しかもいつも行く近所のバールじゃなくって
カザルパロッコ住民の憩いの場、Le Terrazze(レ テッラッツェ)まで行こうと言うのだ。
「ははーん、こりゃナニか買いたいモノがあるんだね。」わかっていたけどさり気なく「なんで?」なんて訊いちゃったりして。
・・・やっぱりそうだった。
息子クンはベースを教えるバイトをしているのだがそのバイト代を併せてもあと10ユーロ足りないらしい。
「明日バイト代が入るから・・・、でも明日は日曜日でお店お休みだし・・・。」
ま、要は今日中に予約しておいたX-BOXのゲームソフトをどうしても買いたいと言うのだな。
親にナイショで勝手に予約なんてしやがってからに。
コチラが構うとイヤがるクセに~~~~~~~~っ。親になるってそういうコトかい???なんだかっ!!





d0170140_19443672.jpg

子育ては大変じゃ。

キミは子育てしたコトあるんかい???へ~ちゃんを見習いなさいっ!!へ~ちゃんをっ!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう。
みなさん、素敵な週末をお過ごしくださいね。
[PR]

by ruggine | 2012-05-26 20:01 | お米・穀物料理  

鶏レバーペーストのリゾット

みなさんこんにちは。
一日一日と春の色が濃くなるカザルパロッコです。
「先日の鶏レバーペーストを使ってリゾットでも作ろうかしら???」と飼い主さん。
おおー、いいですねぇ。
「今回もライスコロッケを見越してたっぷり作りましょう。」
リゾットの後のお楽しみだね。
今回は一つで二度おいしい♪鶏レバーペーストのリゾットを紹介します。

鶏レバーペーストのリゾット
d0170140_43820.jpg


材料(4人分+ライスコロッケ分)

お米           500g
鶏レバーペースト   1cup
バター          30g
たまねぎ         1コ
白ワイン       1/2cup
セージの葉       3枚
野菜のブイヨン 750ml~1ℓ
ドライセージ     大さじ2

作り方

① たまねぎはみじん切り、野菜のブイヨンは常にフツフツとしている状態にしておく。

② なべにバターを入れて弱火にかけ、バターが溶けたらセージの葉を加える。

③ セージの香りがバターに移ったらたまねぎを加えてよく炒める。

④ たまねぎが透き通ってきたらお米を加え、軽く混ぜ合わせる。

⑤ ④にワインを加えて火を強め、アルコール分を飛ばすように、ワインをお米に吸わせる。

⑥ ワインの水分がなくなってきたら鶏レバーペーストを加える。

⑦ 全体にペーストを馴染ませたら野菜のブイヨンをひたひたに加える。

⑧ フツフツしてきたら火を弱め、軽くかき回す。(日本のお米の場合はかき混ぜると粘りが出てしまうのでなべを掴んで揺すってね。)

⑨ お米がブイヨンを吸ったらまた足して軽くかき混ぜる(なべを揺する)、この作業をお米が煮えるまで繰り返す。

⑩ 最後にドライセージを加えて火を止める。

※鉄分いっぱい女性の強~い味方♪おいしいよ。

※ライスコロッケは・・・???
d0170140_4313545.jpg


冷ましたリゾットにパルメザンチーズを加えて(コロッケ4コに対して30gくらい入れちゃいます♪)軽く混ぜ合わせ、モッツァレッラを中に入れて俵型にして小麦粉→たまご→パン粉の順につけて180℃のオイルでカラッと揚げます。




おまけ  今日の夕日♪
d0170140_4582371.jpg

半色(はしたいろ)、薄色(うすいろ)、朱華(はねず)、鴇色(ときいろ)・・・。
素敵なサイトを見つけました→☆




d0170140_5124132.jpg

んふふ♪

あーっ、また含み笑いなんかしてぇ~。ナニか嬉しいコトでもあったの~???
[PR]

by ruggine | 2012-03-14 00:03 | お米・穀物料理  

スプマンテのリゾット

みなさんこんにちは。
今日も穏やかに晴れ渡ったカザルパロッコです。
さて子供達も楽しかった冬休みが終わり・・・と、思いきや・・・???
なんとっ!!月・火と学校関係者のストライキ!!
もう呆れを通り越して笑うしかない国、イタリア。(笑)
「今日はパーティーで残ったスプマンテでオシャレなリゾット♪」と飼い主さん。
スプマンテとはシャンパンによく似たイタリアの発泡性ワイン。
うーん・・・、リゾットねぇ、「おにく」・・・。
「クリスマスにあんだけ食べたでしょっ!!」
もうクリスマスからだいぶ日にち経ってますけど???
今回は酸味が決め手♪オシャレなスプマンテのリゾットを紹介します。

スプマンテのリゾット           
d0170140_2317047.jpg


材料(4人分)

お米             350~400g
たまねぎ              1/2コ
スプマンテ              1cup
バター                30g
野菜のブイヨン      750cc~1ℓ
パルメザンチーズ

作り方

① たまねぎをみじん切りにし、なべにバターを入れ弱火にかける。バターが溶けたらたまねぎを加えて炒める。野菜のブイヨンを火にかけ、常にフツフツと弱く沸騰している状態にしておく。

② たまねぎが透き通ってきたらお米を加えてバターが全体に行き渡るように混ぜる。

③ ②にスプマンテを加えて火を強め、お米に水分を吸わせる。

④ 水分がなくなってきたら弱火にし、野菜のブイヨンをお米がかぶるくらいに加え軽く混ぜ合わせる。

⑤ しばらくして水分がなくなってきたら再びブイヨンを加える・・・この作業をお米が煮えるまで繰り返す。

⑥ お米が煮えたらフタをして約10分ほど休ませパルメザンチーズをたっぷりかけて出来上がり。(お好みで仕上げにバターを加えるとさらにコクが出るよ。)

※中途半端に余ってしまったスプマンテやシャンパンがオシャレなリゾットに大変身♪おいしいよ。

※日本のお米で作る場合はあまりかき混ぜると粘りが出てしまうので煮詰まってきたらお鍋を揺すって焦げを防止してね。

※お好みでグリーンピースを入れてもおいしいよ。お試しあれ~。




おまけ  やれやれ・・・
d0170140_23415411.jpg

クリスマスから始まったイタリアの食い倒れシーズンもやっと終了・・・。




d0170140_234664.jpg

すかさずruggineさんの影に入り込むルッジネさん。おやおや暑いのかい???




d0170140_23555783.jpg

・・・と、そこへ・・・???




d0170140_01552.jpg

ルッジネさんが大好きな息子クンが帰って来ましたよ。




d0170140_044480.jpg

息子クンを見ただけでノドをゴーゴー鳴らし始めるルッジネさん。
あっ、なんか目つきもトロ~ンとしてるし。(笑)




d0170140_0102431.jpg

うっふ~~~~~んっ♪




d0170140_013838.jpg

ゴロゴロ~~~~~ンっ♪




d0170140_0201082.jpg

ひゃ~、気持ちいいニャー。




d0170140_0225429.jpg

うひ~。




d0170140_026361.jpg

はー、気持ちヨカッタ。息子クンLOVE♪

ルッジネさんっ!!か、か、飼い主はわたくしなんですけどっ???
[PR]

by ruggine | 2012-01-09 00:29 | お米・穀物料理  

ポルチーニのリゾット

みなさんこんにちは。
今日も穏やかに晴れました。
飼い主さんはエンドレスな落ち葉掃除を頑張っています。
あ、モチロンっ!!ボクも手伝っていますよ。
「アンタが庭にいるとヤル気がなくなるんだけどっ!!」と飼い主さん。
ボクはちゃんと手伝ってますけど???
「掻き集めた落ち葉の上に陣取るコトは「お手伝い」とは言いません。」
落ち葉が敵に攻撃されないように守っているんだけどなー。
「あー、やーめたっ!!お昼にしよーっと。」
肉体労働のあとは「おにく」ですよねぇ???
「アンタの労働は肉体労働じゃないのっ!!今日はおいしいリゾット♪」
今回は秋の味覚♪ポルチーニのリゾットを紹介します。

ポルチーニのリゾット
d0170140_032525.jpg


材料(4人分)

乾燥ポルチーニ             20g
お米                   400g
たまねぎ                1/2コ
白ワイン                1/2cup
野菜のブイヨン             0,75ℓ
イタリアンパセリ             2枝
バター                大さじ2


作り方

① ポルチーニはぬるま湯300ccにつけて戻しておく。(もどし汁は後で使います。)野菜のブイヨンを火にかけ、沸騰したら弱火にして常にフツフツしている状態にしておく。

② たまねぎ、パセリはみじん切りにしておく。

③ なべにバター大さじ1を入れて弱火にかけ、バターが溶けたらたまねぎを加えて炒める。

④ たまねぎがしんなりしたら水気を切ったポルチーニを加える。ポルチーニのもどし汁を漉しながらブイヨンに加えておく。

⑤ ポルチーニをサッと炒め、お米を加えて全体にバターが回るように混ぜる。

⑥ ⑤に白ワインを加えて強火にし、アルコール分を飛ばす。

⑦ お米がワインを吸ったらそこに少しずつブイヨンをお米がかぶるくらいに加える。

⑧ なべ底が焦げ付かないように注意しながらときどきかき回し、ブイヨンがなくなったら少しずつ足す。

⑨ ⑧の作業をお米が煮えるまで続け、最後にパセリ、塩で味を調え、バター大さじ1を溶かして出来上がり。

※ブイヨンは常にフツフツとしている状態のモノを使ってね。じゃないとお米が上手に煮えません。

※普段はオリーブオイル使用のruggineさんですが、このリゾットにはぜひバターを使って下さいね。コクが出ておいしいよ。

※余ったリゾットは真ん中にブルーチーズを詰めてオシャレなライスコロッケに♪

※秋の味覚♪ポルチーニのうま味タップリ♪お試しあれ~。




おまけ  小さな・・・?
d0170140_124468.jpg

ハートがぽっかり♪




d0170140_1204740.jpg

はー、疲れた・・・。お庭掃除は結構重労働なんです。

ってルッジネさんっ、いつお庭掃除されたんですかっ!!
[PR]

by ruggine | 2011-11-21 01:26 | お米・穀物料理  

きのこのクリームリゾット

穏やかな風がそよそよと吹くカザルパロッコ、ああ、秋ですねぇ・・・。
「秋と言えばきのこにリゾット!!」と飼い主さん。
ええーっ、昨日次回のレシピは「おにく」って約束したじゃないっ!!
「そうなんだけどさあ・・・、リゾットが食べたくなっちゃって・・・。」
じゃあ「おにく」入りリゾットにしてくださいよっ、おにくっ、おにくっ!!
「リゾットに「おにく」って違うでしょ。ねっ、明日絶対「おにく」レシピにしてあげるからさ。」
・・・今までこのセリフに何回騙されただろう・・・。もういいよ。家出しちゃうよー。
今回は秋の味覚です♪きのこのクリームリゾットを紹介します。

きのこのクリームリゾット   ハッ!!今回はルッジネさんの恨めしそうな顔入り。(笑)
d0170140_22431541.jpg


材料(4人分)

お米            350~400g
たまねぎ               1コ
白ワイン              1cup
野菜のブイヨン    500cc~750cc
きのこのクリーム         1cup
オリーブオイル(EXV)


作り方

① たまねぎはみじん切り、ブイヨンは常に弱火でフツフツと沸騰している状態にしておく。

② なべにオリーブオイル(大さじ3くらい)を入れ弱火にかけ、たまねぎを炒める。

③ たまねぎが透き通ってきたらお米を加え全体にオイルが行き渡るように軽く混ぜ合わせる。

④ ③にワインを加えてアルコール分を飛ばすように中火にかける。

⑤ お米がワインを吸い込んだら、野菜のブイヨンをお米が被るくらいに加えて弱火で煮る。

⑥ 途中様子を見てかき回し(日本のお米は粘りが強いので焦がさないように注意しながら
なべを揺するようにするのがベスト)ブイヨンがなくなったら足して行く・・・この作業を繰り返す。

⑦ お米がアルデンテになったら(少し芯が残っている状態ね♪)きのこのクリームを加えて一煮立ちさせ、塩で味を調える。

⑧ フタをして10分くらい蒸らしてからお皿に♪あればイタリアンパセリを飾る。

※白ワインに合う、秋の味♪

※残ったリゾットは翌日コロッケにしたり焼きリゾットに♪




おまけ   日替わりパン♪
d0170140_2315985.jpg

今月からアンドレアくんが働いているわが家の近所のお店で日替わりのスペシャルパンが販売されるコトになりました~♪わーっ、パチパチ!!
新しいモノが大好きなruggineさん、早速購入してみましたよ♪
d0170140_23132640.jpg

d0170140_23164236.jpg

月曜日はPane di segale(パーネ ディ セーガレ)、ライ麦パンです。
切った瞬間、気分はハイジ♪
コクがあって噛めば噛むほどうま味がじんわり♪




d0170140_23245058.jpg

ホントに家出しちゃうじょー。
[PR]

by ruggine | 2011-09-26 23:28 | お米・穀物料理