<   2010年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

おおみそか。

みなさん、ことしも残すトコロあとわずか。
今頃は年末のお掃除も終わってホッと一息つかれているのでは?
今回はちょっと趣向変えて?(そんなに変わってナイ)イタリアの
大晦日のお話をしたいと思います。

おおみそか。
d0170140_16273344.jpg

↑コチラのお料理、レンズ豆とコテキーノの煮込みです。コテキーノとは豚のノド、皮、脳ミソなどの部位をミックスしたソーセージです。大晦日の夜、親しい仲間と集まり年が明けるとスグにコチラを食べる習慣があるのです。レンズ豆の平べったいカタチがお金(硬貨)に似ているトコロから「今年もつつがなく暮らせますように。」はたまた「お金持ちになれますように!」など説はイロイロですが・・・みんなでワイワイ食べるのです。



d0170140_163569.jpg

また大晦日の夜は爆竹があちらこちらでバンバンと。お昼過ぎから年明けまで爆竹の音が聞こえてきます。親しい仲間と集まり夕食を共にして、年明けと同時にスプマンテを開け新年を祝いレンズ豆を食べてお開き・・・。これがイタリアでの一般的な大晦日の過ごし方です。


飼い主さんより・・・

今年の6月にブログを始めてたくさんの方とお友達になるコトができました。またいつもあたたかいコメントの数々、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがと~♪
また、知り合うコトは出来ませんでしたが、もしかしたらルッジネに会いにブログにこっそり?遊びに来てくださっている方もいらっしゃるかもしれません。これからも飽きずに遊びにいらして下さいね。ありがと~♪

また飼い主さんの名前もruggine、ネコの名前もルッジネ、同じじゃんっ!なんで??と思われている方もいらっしゃると思います。(いないか。) 実はですねー、(あ、飼い主さんの本名はkaoriさんですよ。別に隠すコトでもないんでね。) ブログを始めるにあたって名前を考えなきゃなりませんよね?個人のサイト名っていうか・・・。
で、単純に「じゃ、kaoriでいくかな?」→「ブー。既に使用されています。」
「あ、そう。じゃ、イタリアっぽくkaorina。」→「ブブー。既に使用されています。」・・・・。
で、ブログを始める前からつまずいてしまった私。(涙) で、「ええいっ、ruggineなら誰もおらんハズやー。」→「ピンポン!」だったのです。この時点で自分の名前がruggineになると知らず・・・。
ま、そんなワケです。

実は昨日カザルパロッコ一帯がブレイクアウトで、電話回線が故障、パソコンが使えませんでした。大晦日の前日にやってくれるよねー、さすがイタリア!!
ではみなさん、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。



d0170140_1745453.jpg

来年もよろしく。
[PR]

by ruggine | 2010-12-31 17:07 | ごあいさつ  

手編みの湯たんぽケース

昨日のお日さまは何処へやら・・・。今日は寒~い曇り空のカザルパロッコです。
飼い主さんはお家の中に引きこもってナニやらゴソゴソ・・・。
今回は寒~い日も湯たんぽであったか!カワイイ湯たんぽケースを紹介します。

手編みの湯たんぽケース
d0170140_304959.jpg


クジラさんの編み込み模様は今回も編み物が楽しくなるともさんのサイトを参考にさせていただきました。

♪~♪参考までに♪~♪
毛糸は並太タイプ、10号棒針を使用。
湯たんぽの大きさに合わせて編みました。わが家の湯たんぽの場合は42目×85段でした。
ブルーでメリヤス編み   6段
模様編み         35段
ブルーのメリヤス編み  44段

とじ紐は毛糸(白)を2本どりにしてくさり編み。
フェルト(白)をクッキーの星型で4枚模り、2枚ずつあわせてかがり綿をつめて、とじ紐の先端に縫いつけました。



おまけ
d0170140_3213514.jpg

先日お花屋さんでクリスマス用のアレンジをお願いしました。(ピッティさん作)
例の如く飼い主さん、アレンジは10ユーロと20ユーロの2種類しかないのに、強引に15ユーロでやってもらう始末・・・。
「しかもクリスマスシーズンで忙しいのにね!」と、ピッティさんに嫌味?を言われても
相変わらず何処吹く風、の飼い主さん。フフフっ。
でも優しいピッティさん、とっても素敵なアレンジを作ってくれました。
ありがとう!ピッティさん。



d0170140_3343990.jpg

そしてなんとオーナーのヴィンチェンツォくんがこんなに可愛いピンク色のポインセチアを
「クリスマスだからねっ!」と、プレゼントしてくれましたよ♪
ちょっとわかりにくいのですがランの花が藁と一緒に結びついています。
ありがとう!ヴィンチェンツォくん。



d0170140_346316.jpg

「賽の目、ピンゾロで入りやしたっ!」 ばーーーーんっ。 



d0170140_3465961.jpg

「ぐにの半。」    ・・・ヒマだから一人?あ、一匹丁半ごっこ。  
[PR]

by ruggine | 2010-12-30 04:00 | 手作りこもの  

栗粉と栗でくりくりマフィン

今日は一面に広がる青空、雲一つない青空・・・の、カザルパロッコでした。
もーボクはうれしくてひなたぼっこに精を出しましたよ~♪
飼い主さんはこの季節になると店頭に並ぶ栗粉を買ってきたみたい。
今回は粉も栗、中身も栗っ!どんなお茶にも合うくりくりマフィンを紹介します。

くりくりマフィン
d0170140_047949.jpg


材料(作りやすい分量)

薄力粉              90g
栗粉               40g
コーンスターチ         70g
ベーキングパウダー   小さじ2
たまご             2コ
オリーブオイル      100cc
牛乳             〃
はちみつ            50g
ブラウンシュガー       〃
栗               12粒 (コンビニで売っているむき甘栗などでOK)
ラム酒           大さじ1

作り方

① 薄力粉からベーキングパウダーまでの粉類をあわせてふるっておく。栗は粗く刻み、ラム酒をふっておく。

② ボウルにたまご、オリーブオイル、はちみつ、ブラウンシュガーを入れよく混ぜ合わせる。

③ ②に①の粉類と牛乳を少しずつ交互に加えてサックリ混ぜ合わせ、全体が混ざったら栗を加えて軽く混ぜ合わせる。

④ マフィンカップに③の生地を8分目まで入れ、180℃のオーブンで約12~15分焼く。

※栗粉とは・・・コチラ↓
d0170140_193099.jpg

栗の季節になると店頭に並びます。その昔、貧しかった農家の人々は高価な小麦を食べるコトが出来ませんでした。そこで栗を挽いて粉にして小麦の代わりにしたのだとか。しかし現在は
この栗粉の方が小麦粉より高い値段で売られています。ナゼ?都市伝説?
味は独特の渋みがあります。量を多くするとモソモソとした食感に。お好みで調節してね。



おまけ   落書き大好きっ?パイロット?
d0170140_1212380.jpg

d0170140_1223025.jpg

d0170140_1272617.jpg

雲一つない青い空、数機の飛行機が気持ち良さそうに飛んでいました。
こうやってお空に落書き、楽しかったんだろうなあ・・・。



d0170140_1313795.jpg

ひなたぼっこ・・・。



d0170140_1344185.jpg

・・・・・。



d0170140_1353985.jpg

・・・・・。
[PR]

by ruggine | 2010-12-29 01:45 | お菓子  

ちょっとローマまで。

今日は久しぶりに晴れました。
飼い主さんと息子クン、どうやらお出かけの様子。
「パスポートを受け取りに日本大使館まで行ってくるわー。」だ、そうです。
今回は日本大使館までの道のり、飼い主さんが撮ったローマの写真を紹介します。

ちょっとローマまで。
d0170140_1203993.jpg

まずはコチラで腹ごしらえ。息子クンがオーダーしたのは「SATCHMO」(ん?ナンて読むんだ?) コチラのオリジナルの柔らかいサラミにカマンベール、そしてオリジナルの仔牛のパテ入り。


d0170140_1261872.jpg

飼い主さんオーダーはその名も「VIP」。ちょっぴりリッチな気分を味わいたかったらしい・・・。
24ヶ月熟成の生ハム、カプリーノ(ヤギさんのミルクのチーズ)、パルミート(ヤシの木の芯ね。)
そしてオリーブオイル(EXV)。んまいっ。


d0170140_1323040.jpg

日本大使館に到着。 住所:Via Quintino Sella 60 TEL:06487991



d0170140_1333585.jpg

パスポート受け取り終了、いざお散歩~~~。



d0170140_135383.jpg

教会とローマの空。



d0170140_1381031.jpg

ローマの街には降り注ぐ光とヤシの木が似合います。



d0170140_1402084.jpg

聖人(?)さんも久しぶりのお日さまにホッと胸を撫で下ろしている様子。



d0170140_142134.jpg

なかなかイカついドアノブさん。



d0170140_1435312.jpg

ベネト通りに入り、エクセルシオールホテルを臨む。



d0170140_1481383.jpg

そして同じベネト通りにあるFellini(フェッリーニ)監督がこよなく愛したCAFE' DE PARISへ。



d0170140_1513849.jpg

コチラが入り口。



d0170140_1523265.jpg

エントランスにはFellini監督の写真が飾られています。




d0170140_1535564.jpg

コチラがオーダーしたカプチーノ。



d0170140_1552880.jpg

カップもCAFE' DE PARISオリジナルです。立ち飲み1,30ユーロ。
おいしいカプチーノで温まり、お散歩終了。

CAFE' DE PARIS 住所:Via Veneto 90




d0170140_205411.jpg

またお留守番だったし・・・。
[PR]

by ruggine | 2010-12-28 02:07 | お出かけ  

かぼちゃのスープ

みなさん、クリスマスはいかがでしたか?サンタさんは来ましたか?
カザルパロッコはイヴもクリスマスもお天気が悪かったです。
シトシト雨降り。サンタさん、大変だっただろうなあ・・・。
今回はクリスマス疲れした胃に優しい!かぼちゃのスープを紹介します。

かぼちゃのスープ
d0170140_0585849.jpg


材料(4人分)

かぼちゃ(正味)      800g
たまねぎ          1コ
オリーブオイル(EXV)

パルメザンチーズ

作り方

① かぼちゃはタネを取り除き、皮を剥いて乱切りにしておく。たまねぎは薄くスライス。

② なべにオリーブオイル(大さじ3くらい)を入れ火にかけたまねぎを加えて炒める。

③ たまねぎが透明になってしんなりしてきたらかぼちゃを加えて全体に油が回るようにサッと混ぜ合わせる。

④ ③に水を(なべの8分目くらいまで)加え強火にかけ、沸騰したら弱火にし、かぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

⑤ かぼちゃが煮えたらハンドミキサー、またはフードプロセッサーにかけ塩で味を調え、仕上げにオリーブオイル、パルメザンチーズをかける。

※とってもカンタン、素材の味を生かしたスープ、おいしいよ。

※イタリアのかぼちゃはコチラ↓
d0170140_1195441.jpg

一つがとても大きいのでこのようにカットされて売られているのが一般的。
この2切れで約1kgくらいあります。



※また飼い主さんのお家ではスープにもパスタを入れたりします。↓
d0170140_1252112.jpg

とても小さいパスタ。スープに入れて一緒に食べればお腹もいっぱい、満足の一皿に。
このパスタを入れる際にはスープに入れたら常にかきまわしてパスタがなべ底にくっつかないように注意すること、表示してある茹で時間の2分前に火を止めること(例:10分なら8分)スープ自体がアツアツなので2分前に火から下ろすコトによって「アルデンテ」の状態でパスタが楽しめますよ♪



d0170140_1393934.jpg

別に視力の検査をしているワケではありませんよ。



d0170140_141015.jpg

片目を押さえて寝たいだけなんです。
[PR]

by ruggine | 2010-12-27 01:44 | スープ  

THUN(トゥーン)

先日のよく晴れた日、飼い主さんはpallinaさんに誘われて、ローマ郊外のアウトレット
行って来たんだって。そこでとってもカワイイお店を発見!
今回は北イタリアのBolzano(ボルツァーノ)に窯元がある陶器のお店、THUN(トゥーン)
紹介します。今回はクリスマスバージョン♪

THUN(トゥーン) 
d0170140_02228.jpg


d0170140_025797.jpg


d0170140_032634.jpg

可愛いプレセピオの数々。プレセピオについてはpincopallinoさんコチラをどうぞ。
またTHUNの可愛い商品が日本でも購入できますよ♪ イタリア雑貨店trenta。
trentaさんではその他、選りすぐりのイタリアングッズがたくさん紹介されています。
みなさん、遊びに行ってね♪



おまけ
d0170140_0234997.jpg

d0170140_0245046.jpg

d0170140_0254479.jpg

全く買う予定は無かったのですが、可愛くて思わずお財布のヒモが緩んでしまいました。(汗)
THUNのぞうさんのペンダント。ああ・・・、動物系に弱い飼い主さんなのでした。



d0170140_0321951.jpg

ぞうさんに浮気しちゃーあかんよ。ボクがいるのにぃーーー。

飼い主さんより: 今日、明日とクリスマスで忙しくてみなさまのブログに訪問出来ません。
           27日以降お伺い&コメントさせていただきますね。ごめんなさ~~~い。
[PR]

by ruggine | 2010-12-25 00:39 | お店  

ちょっと海までお散歩。

クリスマスイヴの前日、カザルパロッコはとても暖かい一日でした。
生暖かい風がピューピュー。
人々は最後のクリスマスのお買い物に忙しく、道は渋滞、お店は何処も混雑。
「ええいっ、もうっ、こんな時こそ海に行ってココロのお洗濯っ!!」
例の如く飼い主さん、突拍子もないアイディア・・・。
今回はちょっと海までお散歩、飼い主さんが撮った写真を紹介します。

ちょっと海までお散歩。
d0170140_855435.jpg


d0170140_864285.jpg


d0170140_871383.jpg


d0170140_875416.jpg


d0170140_892764.jpg


d0170140_8115541.jpg


d0170140_8102662.jpg


d0170140_8111341.jpg


d0170140_8131796.jpg

たまにはいいよね、一人でお散歩。
ではみなさん、素敵なクリスマスをお過ごしください。
Buon Natale!!



d0170140_8192690.jpg

ボクも海、行きたかったのにーーー。
[PR]

by ruggine | 2010-12-24 08:24 | お出かけ  

クマさんのハニーラベンダークッキー

今日もパッとしないお天気です。明日はクリスマスイヴだっていうのに
ずっとこんなお天気じゃあサンタさんも大変だろうなあ・・・。
ところでクリスマスを前に準備に忙しい飼い主さん。
「いけない、いけない、ちょっとリラックスしなきゃっ!せっかくのクリスマスが
楽しめないわーーーーっ。」 と、バタバタ。もー、静かにしておくれ。
今回はリラックス効果バツグン!甘さひかえめ優しい味♪
クマさんのハニーラベンダークッキーを紹介します。

クマさんのハニーラベンダークッキー
d0170140_021637.jpg

なんだかこのクッキー、シルエットがボクのお友達、チャースケにちょっぴり似ているなあ・・・。
・・・ちなみにチャースケはクマじゃなくてネコだけど。

材料(作りやすい分量)

薄力粉                300g
ベーキングパウダー     小さじ1/2
たまご                 1コ
オリーブオイル          100cc
はちみつ              50cc
乾燥ラベンダー          大さじ2
牛乳                 〃 1

作り方

① 薄力粉とベーキングパウダーはあわせてふるっておく。

② ボウルにたまご、オリーブオイル、はちみつを入れ混ぜ合わせ、ラベンダーを加えさらに混ぜる。
③ ②に①の粉類と牛乳を加えサックリと混ぜ合わせラップに包んで冷蔵庫で30分程寝かせる。
④ 台の上に打ち粉をし、寝かせた生地を3,4mmの厚さにのばして型で抜く。

⑤ クッキングシートを敷いた天板に④を並べ、180℃のオーブンで12~15分焼く。

※ラベンダーは鎮静効果のあるハーブ、長ーーーーい冬の夜、カモミールと一緒にどうぞ。

※甘さひかえめだよ。お好みではちみつの量を増やしてね。



おまけ  
d0170140_046223.jpg

近所のお店でなべ敷きを買いました。クリスマスムードいっぱいーーー。



d0170140_048138.jpg

ボクのリラックス方法。あんずの木に登ってがりがりがり。
 
[PR]

by ruggine | 2010-12-23 00:54 | お菓子  

ゆず茶マドレーヌ

今日もハッキリしないお天気。でもそんなに寒くないので
ちょこっとお散歩に出掛けるコトにしましたよ。
だって飼い主さんが「ちょっとっ、今日は冬至なのにゆずがないじゃないっ!
ゆず湯に入れないじゃないっ!」って、ギャーギャーうるさいんだもん。
ボクは聞こえないフリをして出掛けちゃいました。ひひひっ。
・・・しばらくしてお散歩から帰ってくると・・・おやおやゆずのイイ香り。
今回はゆず湯の変わりはマドレーヌ?ゆず茶を使ってカンタン、ゆず茶マドレーヌを
紹介します。

ゆず茶マドレーヌ
d0170140_611215.jpg


材料(直径8cmのマドレーヌ型11コ分)

薄力粉               200g
ベーキングパウダー    小さじ2
たまご               2コ
砂糖                70g
オリーブオイル        100cc
牛乳               〃
ゆず茶              50g

作り方

① 薄力粉とベーキングパウダーをあわせてふるっておく。

② ボウルにたまご、砂糖、オリーブオイルを入れよく混ぜ合わせ、ゆず茶を加える。

③ ②に①の粉類と牛乳を少しずつ交互に入れ全体をサックリ混ぜ合わせる。

④ ③の生地をマドレーヌ型に流し入れ、180℃のオーブンで12~15分焼く。

※ゆずの香りがしーーーーっとり、おいしいよ。

※緑茶、中国茶、紅茶、コーヒー・・・どんな飲みものにも合うよ♪ お試しあれ~。

※今日12月22日は「冬至」。みなさんゆず湯に入ってカラダを温めてね。

※おまけ  ゆず大好きっ!の、飼い主さんがお気に入りの本はコチラ↓
d0170140_6191335.jpg

             中村成子さん著 『柚子のある暮らし』 文化出版局



d0170140_6225096.jpg

クンクン・・・、んーーーゆずのイイ香りがしてきましたよ。
[PR]

by ruggine | 2010-12-22 06:27 | お菓子  

ボルロッティのサラダ (Insalata di borlotti) oishii

今日もどんよりーーー。厚い雲がカザルパロッコの街を覆っています。
お家で寝るのも飽きてしまったボク。
でもお散歩に出掛けて肉球が濡れるのイヤだしなあ・・・。
「こんな日はゆっくり豆でも煮ましょーっ。」・・・あ、飼い主さんが吠えてる。
今回はお天気の悪い日はお家で豆を煮るのがイチバン?
おいしい&カンタン、ボルロッティのサラダを紹介します。

ボルロッティのサラダ
d0170140_1431384.jpg


材料(作りやすい分量)

ボルロッティ(前の晩に水に漬けて戻しておく。)      250g
塩                            大さじ1/2
紫たまねぎ                          1/2コ
セロリ                             1/2本
オリーブオイル(EXV)

作り方

① ボルロッティを茹でる。なべにボルロッティ、塩を入れ水をひたひたより少し多めに入れ強火にかける。沸騰したら弱火にし、アクを取りながら豆が柔らかくなるまで茹でる。茹で上がったらそのまま茹で汁の温度が常温になるまで冷ます。

② 紫たまねぎとセロリは薄くスライスして水にさらす。

③ ボウルに茹で汁を切ったボルロッティ、水気を絞った紫たまねぎ、セロリを加えて混ぜ合わせ、オリーブオイルをかけて和える。

※シンプルな豆のサラダ!豆ラーさんにおススメだよ。

※ボルロッティとはコチラ↓
d0170140_1554113.jpg

ピンク色のまだら模様がカワイイお豆。残念ながら加熱すると模様は消えてしまいます。
うずら豆で代用できますよ~。



d0170140_15898.jpg

うひーーー、豆ですかい。豆もちょっと興味、ありませんね。
[PR]

by ruggine | 2010-12-21 02:01 | サラダ&野菜&フルーツ