<   2011年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

チャンベッローネ(Ciambellone) oishii

ただ今ボク?のお家のレモンの木には大きくてとってもイイ香りのするレモンが
トコロ狭しとなっています。レモンってね、葉っぱもイイ匂いがするんですよ。
そんなボクはレモンの木の下でひなたぼっこ・・・。
風が吹くとレモンのイイ香りがボクの頬を撫でて行きますよ。
飼い主さんはこのレモンの時期になると毎年作るお菓子があります。
それが今回紹介するチャンベッローネ(Ciambellone)。
チャンベッローネはクロスタータと並んでイタリアの家庭で作るお菓子の代表。
各家庭、それぞれの作り方・味があるんですよ。
そしてこのお菓子の特徴はドーナツ状の型で焼いてあるコト。
イタリア語でCiambellaとはドーナツ状、ドーナツ状のお菓子のコト。コチラコチラを見てね。
Ciambelloneは大きなドーナツ状のお菓子、と言うワケです。
イタリアの家庭に必ず1つはあるこの型。まさにマンマの味です。
今回はレモンの香りがたまりませ~ん!ふんわりおいしいチャンベッローネを紹介します。

チャンベッローネ(Ciambellone)
d0170140_2533921.jpg


材料(直径23cmのドーナツ型1コ分)

薄力粉             200g
コーンスターチ         100g
ベーキングパウダー※     16g
たまご              3コ
オリーブオイル       100cc 
砂糖              200g
レモンの皮のすりおろし  1コ分(無農薬のモノ)
牛乳             200cc

作り方

① 薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダーはあわせてふるっておく。型に薄くバターまたはオイルを塗り薄力粉をはたいておく。

② ボウルにたまご、オリーブオイル、砂糖、レモンの皮を入れよく混ぜ合わせる。

③ ②に①の粉類、牛乳を少しずつ交互に加えサックリと混ぜ合わせ型に流しいれ180℃のオーブンで約30分焼く。

※ベーキングパウダー16gという中途半端な数字・・・。実はイタリアのベーキングパウダーって
1袋16gなんです。ナゼ・・・?お手持ちのベーキングパウダーの膨張率で加減してくださいね。ちなみに16gって小さじ4杯分でした。(多くないか・・・?う~ん・・・・。)

※ちなみに飼い主さんはクッキーなどはがしがしにカタいモノが好みだったりするワケですがケーキ類はふわふわが好き。「モソモソ」や「ボソボソ」はあまり得意ではありません。
このチャンベッローネはコーンスターチが入っているのでふわっふわ。おいしいよ。

※レモンの代わりにオレンジやゆずでもおいしそう!お試しあれ~。


おまけ    わが家のレモンの木。寝室より「ぱしゃ」。
d0170140_3193271.jpg

d0170140_3254142.jpg




d0170140_3272610.jpg

ボクはそんなレモンの木の下で・・・・。
[PR]

by ruggine | 2011-02-28 03:31 | お菓子  

Pumpkinさんのチキンナゲット

今日も寒~い一日のカザルパロッコでした。
「こんな日はお肉料理よね~。」と飼い主さん。
いいね、いいねっ!「おにく」!!
今回は飼い主さんのお気に入りブログPumpkinさんのチキンナゲットを紹介します。

Pumpkinさんのチキンナゲット
d0170140_213879.jpg


材料と作り方はコチラ。

※おいしさのヒミツは下味のデジョンマスタードとおしょうゆ♪おいしいよ。

※ちなみに飼い主さんはバターではなくオリーブオイルを使用しました。

※Pumpkinさんはご主人の仕事の関係でインドに在住の方。飼い主さんがPumpkinさんに
出逢ったのは(出逢ってナイけど)ネットでインド風ミーとボールを検索している時でした。
とってもおいしそうなインド料理に飼い主さんは一目惚れしてしまったんですが、
大変残念なコトに2007年の9月を最後に更新されていらっしゃらないんですよねぇ・・・。
何処にいらっしゃるのかなあ・・・・Pumpkinさん・・・。
インド料理が大好きな方にはおススメのブログです。
とっても便利なレシピ一覧もあるのでぜひっ!!



おまけ   青く澄んだ空に映える木・・・。
d0170140_2212394.jpg

お散歩途中にフッと空を見上げると、目の前にあったこの景色。
青と白のコントラストがとってもキレイ・・・。



d0170140_2251037.jpg

このように少し傾斜面になっている場所でひなたぼっこをするときは・・・・?



d0170140_226314.jpg

しっかりつかまる・・・、安心です。
[PR]

by ruggine | 2011-02-27 02:29 | お肉料理  

手編みのクッションカバー  その3

ここ2、3日お日さまは出ているケド冷たい風がピューピュー吹いている
カザルパロッコです。気温も2桁から1桁になりましたよ。
でもね、風が吹いているから空がとっても澄んでいるんです。
青い空を見上げるだけでボクはなんだかウキウキ。
飼い主さんは寒いのでお家の中にこもっています。
なんだか必死になって何かやってるよ。
「そうなのよ!ミットゥンさんに『どうせ冬のアイダに3つも作れんヨホ~ン。』って
言われちゃったから必死になってんのっ。」
あ、そう・・・ってかそんな理由で必死に3つ目作っちゃったの???相変わらず単純・・・。
今回はこれで終了!ミックス毛糸で不思議な模様?手編みのクッションカバーを
紹介します。・・・・ってもう春だよ・・・。

手編みのクッションカバー  その3
d0170140_23193074.jpg



作り方はコチラを参考にしてね。

今回はイロイロな色が混ざったミックス毛糸を使用したので編み込み模様はゾウさんだけにしてみましたよ♪



d0170140_23232281.jpg

マイルスくんも嬉しそう・・・。(ドコが・・・。)



d0170140_23245825.jpg

空の青さが目に沁みますねぇ・・・。
[PR]

by ruggine | 2011-02-25 23:29 | 手作りこもの  

ローマ風アーティチョーク (Carciofi alla romana)

みなさんこんにちは。最近の飼い主さんはニコニコです。
「だってさー、アーティチョークの季節なんですものー。」
そうなんです、イタリアはただいまアーティチョークの時期なんですねぇ・・・。
ちなみにイタリア語ではCarciofi(カルチョーフィ)、ローマっ子の大好きな野菜の一つです。
イロイロな食べ方があるケド最もポピュラーな食べ方は以下の二通り。
一つはこれから紹介するローマ風、もう一つはユダヤ風、です。
ユダヤ風はアーティチョークのフライです。ローマではGiggetto(ジジェット)と言うレストランが
この一品で有名です。表面はパリッ、中はサクッ&ふんわりでちょっとマネできない食感。
ローマにお越しの際はぜひっ!ちなみに1コ6ユーロくらいだったかな?と、飼い主さん。
今回は「丸ごと」の醍醐味っ!!ローマ風アーティチョークを紹介します。

ローマ風アーティチョーク (Carciofi alla romana)
d0170140_23122347.jpg


材料(4人分)

アーティチョーク        4コ
にんにく             1片
レモン汁          1/2コ分
メントゥッチャ(ミント)※

オリーブオイル(EXV)

作り方

① アーティチョークの下処理をする。(コチラのサイトの⑩の工程まで。Tokoさん、いつもありがと~♪) にんにくは薄くスライス、メントゥッチャは葉っぱを茎から切り離しておく。

② アーティチョークは空気に触れると酸化して黒ずんでくるのでレモン汁と水を入れたボウルに下処理後スグに入れる。
                   ↓こんなカンジ。
d0170140_23291522.jpg


③ アーティチョークの水気をふき取り、にんにくとメントゥッチャをガクの部分に詰めていく。
d0170140_23384597.jpg


④ ガクの表面に塩をすり込んで、厚手で深さのあるなべにガクの部分を下にして並べる。

⑤ 上からオリーブオイルを回しかけ、水をガクの高さの1/3程度まで入れフタをして強火にかける。

⑥ 煮立ってきたら弱火にし、アーティチョークが柔らかくなるまで(20分くらいを目安にしてね。)茹でる。竹串がスッと通ったら出来上がり~。

※アーティチョークをそのままダイレクトに楽しめる!ホックホクでおいしいよ。

※お肉料理の付け合わせにもピッタリ♪お試しあれ~。

※メントゥッチャとは・・・?
d0170140_2351245.jpg

小形のミントの一品種。ローマ風アーティチョークには欠かせません。
わが家はお庭に自生しているので必要なだけ引っこ抜いています。
葉は小さくともミントの芳香がスゴイのだ。なければイタリアンパセリなどでもOKですよ♪




ユダヤ風アーティチョークのお店
d0170140_0263234.jpg

Giggetto al Portico d'Ottavia

住所  Via del Portico d'Ottavia 21/A

TEL   066861105



d0170140_025496.jpg

アーティチョークもね・・・、あんまり興味ないですね。
(でも飼い主さんの娘さんがクッションを敷いてくれてちょっとうれしいボク。)
[PR]

by ruggine | 2011-02-24 00:29 | サラダ&野菜&フルーツ  

牛肉の赤ワイン煮込み

「食べてみたいなあ・・・。ああ・・・。」朝から飼い主さんがタメ息をついています。
一体ナニを食べたいんでしょう??
ミットゥンさんのね、過去最高のビーフシチューが食べたいのよ~。」
「おにく」ですかーっ!!いいねっ、いいねっ!!
「でもさあー、圧力なべがコワいから作れないのよお~~~~っ。」
・・・・チーン。そうでした。飼い主さんは未だに圧力なべがコワいとか言っている
「残念なヒト」でした。
「でも食べたいからいつもの方法で作るコトにしたの。そしたらね、ckichenさん
トスカーナ風ビーフシチューのグラタンなんてこれまたおいしそうなレシピを
発見してしまったのよ~。」と、とってもうれしそう。
今回はお二人の素敵なアイディアでとってもおいしくできました♪
牛肉の赤ワイン煮込みを紹介します。
ミットゥンさん、ckichenさん、いつもおいしい&素敵なアイディア、ありがとう♪

牛肉の赤ワイン煮込み
d0170140_8221074.jpg


材料(4人分)

牛もも肉          800g
にんにく           1片
にんじん            1本
セロリ             〃
たまねぎ           1コ
赤ワイン          600cc
ホールトマト        200cc
りんご            2コ
モッツァレッラ        〃
パルメザンチーズ
オリーブオイル(EXV)
塩・コショウ・小麦粉

作り方

① 牛肉は一口大に切り、塩・コショウをし、小麦粉をはたいておく。野菜は全てみじん切りにしておく。

② 深めのフライパンにオリーブオイルを入れ弱火にかけオイルがまだ冷たいうちににんにくを入れて炒める。

③ にんにくの香りがしてきたら他の野菜を加えじっくり炒める。

④ 別のフライパンにオリーブオイルを敷き、中火にかけ牛肉を加えて表面に焼き色がつくまで焼く。

⑤ ③の野菜類が透明になって嵩が半分くらい(20分くらい炒めようね。)になったら④の牛肉を加え、いったん火を止める。

⑥ 肉を焼いたフライパンに赤ワインを注ぎ強火にかけ、フライパンについた焦げ目をこそげ落とすようにしながらワインのアルコール分を飛ばす。

⑦ ⑥のワインを⑤のフライパンに入れ、潰したホールトマト、水をひたひたになるまで加え強火にかける。

⑧ 沸騰したら弱火にし、アクを取りながら肉が柔らかくなるまで煮込む。

⑨ 肉が煮えたらりんご(大きいりんごの場合は1コ)をすりおろして加え、塩で味を調える。

⑩ グラタン皿に⑨を入れ、大きめに切ったモッツァレッラをのせ、パルメザンチーズをたっぷりかけ220℃のオーブンでチーズにこんがり焦げ目がつくまで焼く。

※ビーフシチューのグラタンっ!!なんて素敵なckichenさんのアイディア!!
チーズがトロ~リ、おいしいよ。

※おいしさの決め手は最後に加えるすりおろしたりんご♪とってもまろやかな味になるよ。



おまけ    本日の飼い主さんの朝ごはん。
d0170140_8571794.jpg

今日はいつものカプチーノではなく、カフェラッテ。ミルクたっぷり~~~っ♪
コルネットはサラート。塩味の甘くないモノをいただきました。



d0170140_905690.jpg

ラジオ体操だいいち~~~~っ、ハイっ。いっち、にい・・・。
[PR]

by ruggine | 2011-02-23 09:09 | お肉料理  

クロスタータ (Crostata)

昨日スミレの香りにウットリとしていたら、沖縄ではなんとひまわりが咲いていますよっ!!
ひまわり、とまでは言わないケド、早く春が来るといいなあ・・・。
・・・おや?今日はキッチンからスミレ・・・じゃなくてとってもイイ匂いがしてきます。
「今日はねー、久しぶりにクロスタータを焼いてみたの!」と飼い主さん。
クロスタータとはイタリアの家庭で作られる焼き菓子の代表選手。
母親から娘へ・・・各家庭それぞれの味が代々伝わって行くのです。
今回はイタリアのどの家庭でも焼いているお菓子、クロスタータを紹介します。

クロスタータ(Crostata)
d0170140_544610.jpg


材料(直径23cmのタルト型)

薄力粉             300g
ベーキングパウダー    小さじ1
オリーブオイル        100cc
たまご              1コ
砂糖               100g
レモンの皮のすりおろし  1/2コ分
ジャム(好みのモノ)

作り方 

① 薄力粉とベーキングパウダーはあわせて振るっておく。タルト型のカタチにあわせてクッキングシートを切り、タルト型に敷き詰めておく。

② ボウルにオリーブオイル、たまご、砂糖、レモンの皮のすりおろしを入れてよく混ぜ合わせる。
③ ②に①を加え、サックリと混ぜ合わせ生地を一つにまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で30分寝かす。
④ ③の生地の2/3をタルト型のカタチにあわせて伸ばし、型に敷き詰める。

⑤ 生地の上にジャムを塗る。(量はお好みで♪)

⑥ 残りの生地1/3をひも状に伸ばし⑤の生地の上にクロスするようにのせる。

⑦ 180℃のオーブンで約20~25分焼く。

※ジャムは好みのモノを塗ってね。飼い主さんはさくらんぼとブルーベリーがお気に入りだよ。

※イタリアの家庭で作る代表的な焼き菓子、お試しあれ~。

♪~♪追記♪~♪

たまごの量を2コから1コに変更しました。(どうも日本とイタリアではたまごの大きさが違うらしい・・・。)
SHUさんが作ってくれました~♪
LALAさんが作ってくれました~♪
ritokotoGさんが作ってくれました~♪

おまけ  先日のバレンタイン・・・・。 
d0170140_6292431.jpg

Venchi(ヴェンキ)のチョコレートを夫が買ってきてくれましたよ♪



d0170140_640256.jpg

ひなたぼっこの時は・・・



d0170140_6414141.jpg

シッポを脚の間に挟むと・・・安心です。
[PR]

by ruggine | 2011-02-22 06:48 | お菓子  

飼い主さんのひとりごと。(その6)  ローマの64番バス。

今日はちょっぴり曇り空のカザルパロッコです。
でもね、お外は春の匂いがしていますよ。
今回は毎回好評!(誰に??)飼い主さんのひとりごとだよ。

ローマの64番バス。
d0170140_19531414.jpg



先日、家族でちょっとローマまで・・・。テルミニ駅を右手に道を進んで行くと駅のターミナルからちょうど一台のバスが私達の前を通り過ぎて行きました。
バスの行き先の番号を目にした夫がひと言、「あの64番バスはね、昔っから"Il Borseggiatore"
(イル ボルセッジャトーレ)って言われてるんだよ。」
Borseggia(ボルセッジャ)とはイタリア語で「掏ること」または「かすめ取る行為」、
つまり掏摸(スリ)。掏摸で有名な路線なのです。ナゼ・・・?そのヒミツ?はどうやら
このバスの経路にあるようです。コチラの経路をご覧ください。
バスはテルミニ駅を出発して共和国広場(三越ローマ店がありますね♪)、Quattro Fontane
(クアットロ フォンターネ)4つの噴水、Palazzo del Quirinale(パラッツォ デル クイリナーレ)
クイリナーレ宮殿、Piazza Venezia(ピアッツァ ヴェネツィア)ヴェネツィア広場、
Corso Vittorio Emanuele Ⅱ(コルソ ヴィットリオ エマヌエレ セコンド、ナヴォーナ広場、
パンテオンの近くです。)を通り、終点はBasilica di San Pietro(バジリカ ディ サン ピエートロ)
サン ピエートロ大聖堂です。
つまりローマの観光スポットてんこ盛り、世界中からやって来る観光客に大変便利な路線なのです。・・・と言うコトは掏摸達にとって恰好の路線・・・でもあるワケです。
ローマにいらしたコトがある方はみなさん路上でも地下鉄内でもバス内でも・・・・
掏摸には十分気を付けられたと思います。ジプシーなどは集団で取り囲んできますからね、
ソレとスグにわかります。また掏摸もコチラがしっかり注意していると狙ってきません。
しかしこのバスは「ジプシー=私達、掏摸です。」の格好ではないのですよ!南米出身者でごく普通の格好をして一般の乗客と全く区別がつかない掏摸なんですねぇ。まさにプロの集団!!
これからローマに旅行を計画されている方は十分にご注意くださいね。64番バスは乗車されない方が賢明です。
またローマの市バスでは観光客向けに110番、通称Trambus(トラムバス)と言うロンドンの2階建てバスのような赤いバスが毎日運行しています。詳しくはコチラ。
2階部分はオープンになっています。一日15ユーロで何回でも乗り降り自由、ローマの主要観光地を巡回しています。日本語ガイド(イヤホン)で説明を聴くことが出来ますよ♪ 一応15分間隔で運行している、と言うコトですがココはイタリア!!あまりアテにしないで~~~~。(笑)
ちなみにローマのバス・地下鉄は2011年2月現在、切符は共通で1枚1ユーロ、75分間有効。
つまり時間内であれば何回でも同じ切符でバスと地下鉄を乗り降り出来ます。
Buon Viaggio!!




おまけ    お庭はただいまスミレがいっぱい咲いていますよ♪
d0170140_2343883.jpg

d0170140_23434822.jpg




d0170140_23451596.jpg

う~~~~~ん・・・・。くんくん。



d0170140_2345465.jpg

スミレのイイ香りでござんすねぇ・・・・。
[PR]

by ruggine | 2011-02-20 23:54 | ひとりごと  

オリエンタル ラタトゥイユ

花粉症・・・・。飼い主さんはクシャミと鼻水が止まりません。
なんでもイタリアに来てから花粉症になっちゃったんだって。
目も当然カイカイでお出かけの際にはサングラスが必需品です。
あ、イタリア旅行を計画中のみなさん、サングラスは季節を問わず、
必要かと思われます。イタリアの日差しって強いんですよ。
さてサングラス着用の飼い主さんは怪しい東洋人か中国人マフィア。(笑)
「ふんっ、笑えばいいじゃんっ。せっかくだから今日作ったラタトゥイユも
東洋っぽい味付けにしちゃうんだからっ!!」
おやおや、そんなに怒らなくってもいいのにねぇ・・・。
今回は怪しい東洋人が作るラタトゥイユ?オリエンタル ラタトゥイユを紹介します。
・・・・コレってもしかして野菜カレーって言うんじゃあ・・・・。

オリエンタル ラタトゥイユ
d0170140_1343654.jpg


材料(4人分)

にんにく            2片 
米なす             1本(普通のなすの場合は3本)
パプリカ            1コ(日本のパプリカの場合は2コ)
たまねぎ           〃
ズッキーニ           2本
セロリ              〃
トマトペースト       大さじ3
カレー粉           〃 1~3
オリーブオイル(EXV)

作り方

① にんにくはみじん切り、たまねぎは食べ易い大きさに切り、なすも角切りにしてボウルに入れ、軽く塩を振っておく。

② 厚手のフライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れ弱火にかけ、オイルがまだ冷たいうちににんにくを入れて炒める。

③ にんにくの香りがしてきたら最初にたまねぎを入れて軽く炒め、フタをして蒸し焼きにする。

④ たまねぎを蒸し焼きにしている間にセロリ(葉っぱも)を食べ易い大きさに切り、③に加えて再びフタをする。

⑤ 次にパプリカも④と同じ作業をし、パプリカの次はズッキーニを加える。

⑥ 最後に①のなすを水洗いしてよく絞り⑤に加える。

⑦ 野菜から水分が出てクタクタになってきたらトマトペーストを加え軽く混ぜ合わせ、水2cup(400cc)を加えて中火で水分が1/4になるまで煮詰める。

⑧ 最後にカレー粉(カレー粉の辛さによって量を調節してね。)を加えてできあがり。

※野菜を蒸し焼きにしている間に次に加える野菜を切る、この作業を繰り返すと時間のムダがなく効率よく出来るよ。

※好みでクミンやガラムマサラなどを加えても♪

※野菜カレーじゃないよ、あくまでもオリエンタル ラタトゥイユ。だからじゃがいもはNGですよ。

五穀米にピッタリ、パンにも合う!コレなんてのっけちゃった日にゃー、シャレ山な一皿になるコト間違いナシっ!!お試しあれ~。



おまけ    お買い物の途中で出逢ってしまいました・・・。
d0170140_2142885.jpg

クルマを停めて降りたらスグ後ろに駐車してあったクルマの下にいらっしゃいました。
ルッジネよりデカいネコ、初めて見たかも・・・・。



d0170140_2172984.jpg

たまにはこうやって座ってひなたぼっこをしたりもするんです。
[PR]

by ruggine | 2011-02-19 02:24 | サラダ&野菜&フルーツ  

イタリア式?五穀米。

みなさんこんにちは。今日は朝から飼い主さんが「五穀米っ、五穀米っ。」とウルサイのです。
「これがウワサの五穀米っ。」なんでも近所のスーパーで5 Cereali(チンクエ チェレアーリ) 
日本語にすると5穀物かな?なるモノを見つけたらしいのです。
でもね、ネットで調べると五穀米って、米・麦・粟・豆・黍または稗のコトらしく、
飼い主さんが見つけた五穀米はスペルト小麦・大麦・カムット小麦・からす麦にタイの赤米が
入ったモノ。(ってか、赤米以外は全部「麦」ジャン。笑)
「イタリアではコレを五穀米って呼ぶのよ~。」と、相変わらずいい加減です。
今回はいっぱい噛んでみんなで健康!イタリア式?五穀米を紹介します。

イタリア式?五穀米。
d0170140_23574177.jpg


材料と作り方

玄米2に対し五穀米1。

炊飯器で炊くか、あるいは耐熱容器に入れ、熱湯をお米の上、1cmくらいになるように注ぎ、
フタをして200℃のオーブンで水分がなくなるまで(約20~30分)。



コチラが炊く前の状態。(玄米は入っていません。)  トリのエサ・・・・。
d0170140_02562.jpg




おまけ   いちごの季節になりました♪
d0170140_073884.jpg

とってもカワイイいちご♪ 女の子が大好きないちご♪
・・・・ってruggineさん、実はいちご、食べれませ~んっ。好きではナイのですよ・・・。



d0170140_0115060.jpg

ちょっとアタマを冷やします。
[PR]

by ruggine | 2011-02-17 00:13 | お米・穀物料理  

手編みのクッションカバー  その2

春ですよ、春♪ カザルパロッコはとってもイイお天気です。
ボクはひなたぼっこ。飼い主さんは・・・?
「あー、完成~♪」・・・どうやらゾウさんクッションの第二段が完成した様子。
今回はちょっとサイケでPOP?(よくわかんナイ・・・。)な、手編みのクッションカバーを
紹介します。・・・あともう1つ作るんだって。春が来ちゃうよ、間に合うのかな・・・?

手編みのクッションカバー  その2 
d0170140_4284497.jpg

アイロンかけるの忘れたっ。(汗) ちょっとシワが寄ってます。ごめんなさ~い。

作り方はコチラを参考にしてね。

使う毛糸によって出来上がりの印象が違いますね♪



おまけ      本日のミモザさん。
d0170140_4365027.jpg




d0170140_4373899.jpg

ぽこぽこっ。



d0170140_4381755.jpg

もこもこっ。



d0170140_4391022.jpg

ぽこもこっ。




d0170140_4405885.jpg

この大きな芝生ベッド、み~んなボクのモノです。



d0170140_4443023.jpg

ぐーぐー。
[PR]

by ruggine | 2011-02-16 04:47 | 手作りこもの