<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

パッケリ ディ マーレ (Paccheri di mare)

今日もイイお天気のカザルパロッコです。
「今日はパッケリ海バージョンといきますかっ。」と飼い主さん。
おっ、いいねぇ。おにくの方が好きだけどエビ入りだったら食べますよ。
「エビが好きなんてゼータクねぇ。ま、エビが入っているとおいしいモンね♪」
今回は先日のパッケリの海バージョン♪パッケリ ディ マーレを紹介します。

パッケリ ディ マーレ
d0170140_2245539.jpg


材料(4人分)

パッケリ             500g
あさり            ふたつかみ
ムール貝            〃
エビ                12尾
にんにく               2片
トマト                 2コ
オリーブオイル(EXV)

作り方

① あさりは砂抜きしておく。ムール貝は表面の汚れをタワシなどで落としヒゲを引っ張ってワタを取り除く。エビは背ワタを取っておく。にんにくはみじん切り。

② フライパンにオリーブオイル(大さじ2~3くらい)を入れ弱火にかけにんにくを炒める。

③ にんにくの香りがしてきたら中火よりやや強めの火加減にしてアサリ、ムール貝、エビを加える。

④ フタをして貝類が開くまで火を通す。(強火で手早く、がポイントだよ。)

⑤ 別のフライパンにオリーブオイルを少量入れ、ざく切りにしたトマトを加える。

⑥ 中火でフタをして約3分ほど蒸し煮する。

⑦ トマトに火が通ったらフライパンから取り出し、フードプロセッサーにかけてペースト状にする。

⑧ ⑦のトマトペーストを④に加えて混ぜ合わせる。

⑨ 茹で上がったパッケリと和える。

※貝・エビからおいしい出汁が出るのでお塩は加えません。塩味が足りないようでしたら調節してね。

※この他イカやタコ、白身魚などを入れてもおいしいよ。

※お好みでとうがらしを加えてもいいかもー。お試しあれ~。




おまけ  本日のスペシャルパン♪
d0170140_2322337.jpg

d0170140_234542.jpg

金曜日はPane multicereali(パーネ ムルティチェレアーリ)、シリアルたくさんパンです。
名前の通りサクッと切るとイロイロなタイプのシリアルとご対面。
味は月曜日のライ麦パンに近いかな?クリームチーズやブルーチーズに合いそう。




d0170140_2313495.jpg

にょほほ。エビ~~~~~っ♪ごちそうさまでした。ぺろぺろ。

ルッジネさん、魚介類一切食べないのにエビは食べるなんて・・・。ゼータクですよっ!!

♪~♪お知らせ♪~♪

ボクの子分、カルツィーノがウーマンエキサイトあにまる。に掲載されました!!
・・・ってか初登場でブログtoメディアって!!なんだか納得行かないなあ・・・。ボクの立場はどうなるのだ???
[PR]

by ruggine | 2011-09-30 23:22 | パスタ  

チョコレートサラミ (Salame al cioccolato)

日に日に秋の気配が濃くなるカザルパロッコ。
街の木々の葉っぱも黄色くなり始めましたよ。
「こんな日はサラミ・・・。」
えっ?サラミっ!!いいねーっ!!
「ちょっと、まだ言い終わってないわよっ。サラミ・・・じゃなくて、チョコレートサラミっ!!」
ナニっ???チョコレート味のサラミ???
「違うわよ~。サラミのカタチのチョコレート菓子のコトよ♪」
うーん・・・、お菓子ですかい。サラミだって言うから期待したのにぃー。
今回はサラミ?それともチョコレート?チョコレートサラミを紹介します。

チョコレートサラミ(Salame al cioccolato)
d0170140_21381337.jpg


材料

砂糖             50g
ビスケット         150g
ラム酒          大さじ1
たまご             1コ
バター            75g
ビターチョコレート     100g
クッキングシート
アルミ箔

作り方

① ビターチョコレートは湯煎にかけて溶かしておく。ビスケットは2重にしたビニール袋に入れてめん棒などで粗めに砕いておく。バターは室温に戻しておく。

② ボウルにバターを入れ砂糖を加えて白っぽいクリーム状になるまで混ぜ合わせる。

③ ②に割りほぐしたたまごを加えてさらに混ぜ合わせ、ラム酒も加える。

④ ③に湯煎で溶かしたチョコレートを加えてよく混ぜ合わせる。

⑤ 最後に砕いたビスケットを加えて生地をまとめる。

⑥ クッキングシートの上に⑤の生地を筒状になるようゴムべらなどを使って形作り、
シートの両端を合わせ包み込む。

⑦ さらにアルミ箔をかぶせ、台の上でコロコロと転がしサラミ状にし、
冷蔵庫で最低3時間冷やす。

※ビスケットは森永マリーのような乾燥したタイプがベスト♪

※参考にしたサイトはコチラ。ちなみにruggineさんは1/2の量で作っています。

※深まり行く秋の日の午後・・・コーヒーと一緒にどうぞ♪




おまけ  本日のスペシャルパン♪
d0170140_2261835.jpg

d0170140_2281770.jpg

Pane di soia(パーネ ディ ソイア)、大豆のパンです。
コチラもザックリ粗めの生地が特徴。
なんだか日本でも食べたコトがあるような味だなあ・・・。




d0170140_22125233.jpg

サラミ、サラミってぇ・・・。チョコレートじゃんっ。もうズッコケるしかありません。パタッ。
[PR]

by ruggine | 2011-09-29 22:16 | お菓子  

本日のニャンコさま。 カルツィーノくん。 animal

みなさんこんにちは。
今日のカザルパロッコは夏の忘れ物ですかね?
日差しは柔らかいのにムッとする暑さでした。
なんだかとってもへんてこりんなお天気でしたよ。
今回はボクの子分のカルツィーノの紹介だよ。

本日のニャンコさま。
d0170140_23321313.jpg

Calzino(カルツィーノ)=くつ下、名前の通りまるでくつ下を履いているみたいでしょ?
ボクは娘っ子のお友達のレベッカちゃんのお家のニャンコです。




d0170140_2336324.jpg

ルジボスに習って




d0170140_23375353.jpg

異常がないかパトロール。




d0170140_23393891.jpg

ココはOK、次のポイントへ向かいます。




d0170140_23422754.jpg

ルジボスのべスパも異常がないかチェックします。




d0170140_2344752.jpg

うん、どうやら大丈夫のようです。




d0170140_23462423.jpg

ゴロリン、




d0170140_23475593.jpg

ドタン、




d0170140_23492432.jpg

バタン。




d0170140_23511128.jpg

パトロールの後の砂遊び♪気持ちええー。




d0170140_23531125.jpg

パトロール終了でござーい。また明日~。




おまけ  本日のスペシャルパン♪
d0170140_23574567.jpg

d0170140_01181.jpg

水曜日はPane di farro(パーネ ディ ファッロ)、スペルト小麦のパンです。
切った瞬間ふ~んわりとってもいい香り♪
粗めに挽いたスペルト小麦粉のおいしさがたまりませ~ん。




d0170140_054376.jpg

ん?




d0170140_07380.jpg

パトロールをサボってドコに行ったのだ???         やばい、やばいっ。
[PR]

by ruggine | 2011-09-28 23:54 | ルッジネ&ニャンコ  

パッケリ ディ テッラ (Paccheri di terra)

みなさんこんにちは。
今日は朝からゴキゲンなボクなのです。
「昨日はごめんね~♪今日はちゃーんと「おにく」入りレシピよ~。」と飼い主さん。
・・・家出しないでヨカッタ・・・。
今回はうれしい「おにく」入り♪パッケリ ディ テッラを紹介します。

パッケリ ディ テッラ
d0170140_2222813.jpg


材料(4人分)

パッケリ※           500g
パンチェッタ           50g
牛ひき肉            150g
かぼちゃ(正味)          〃
たまねぎ            1コ
白ワイン           100cc
野菜のブイヨン        200cc
オリーブオイル(EXV)

イタリアンパセリ

作り方

① たまねぎはタテ半分に切り薄くスライス、パンチェッタ、かぼちゃは小口切りにしておく。

② フライパンにオリーブオイル(大さじ2)を入れ弱火でたまねぎを炒める。

③ たまねぎがしんなりしてきたらパンチェッタを加えてさらに炒める。

④ パンチェッタの脂が溶けてきたらさらにひき肉を加える。

⑤ ひき肉がパラパラに炒まったらかぼちゃを加えてサッと混ぜ合わせる。

⑥ ⑤に白ワインを加えて中火にし、ワインの水分を飛ばしながら炒める。

⑦ さらにブイヨンを足して、かぼちゃが柔らかくなるまで煮、塩で味を調える。(かぼちゃをつぶすように煮ると味が染み渡っておいしいよ。)

⑧ 茹でたパッケリと和え、イタリアンパセリを飾る。

※パッケリとは・・・?
d0170140_22201341.jpg

ナポリ地方のジャンボマカロニのコト。
パッケリ ディ テッラとは「大地のパッケリ」とでも訳せましょうか???
大地でとれたモノを材料にしています。
またパッケリ ディ マーレという一皿もあってコチラは「マーレ=海」、
シーフードを使ったソースでいただきます。
テッラもマーレもダイナミックだけど繊細、ナポリらしいパスタですね~。




おまけ   本日のスペシャルパン♪
d0170140_22461919.jpg

d0170140_2248350.jpg

火曜日はPane di mais(パーネ ディ マイス)、とうもろこしの粉のパンです。
切り口にとうもろこしのつぶつぶがあるのがわかりますか?
表面はパリッパリに香ばしく中身はふんわり♪




d0170140_22521437.jpg

「おにく」を食べて満腹&満足のボクなのです。

ルッジネさん、なんだかホロ酔い気分で壁に寄りかかっているオッサンみたいなんですけど???
[PR]

by ruggine | 2011-09-27 22:56 | パスタ  

きのこのクリームリゾット

穏やかな風がそよそよと吹くカザルパロッコ、ああ、秋ですねぇ・・・。
「秋と言えばきのこにリゾット!!」と飼い主さん。
ええーっ、昨日次回のレシピは「おにく」って約束したじゃないっ!!
「そうなんだけどさあ・・・、リゾットが食べたくなっちゃって・・・。」
じゃあ「おにく」入りリゾットにしてくださいよっ、おにくっ、おにくっ!!
「リゾットに「おにく」って違うでしょ。ねっ、明日絶対「おにく」レシピにしてあげるからさ。」
・・・今までこのセリフに何回騙されただろう・・・。もういいよ。家出しちゃうよー。
今回は秋の味覚です♪きのこのクリームリゾットを紹介します。

きのこのクリームリゾット   ハッ!!今回はルッジネさんの恨めしそうな顔入り。(笑)
d0170140_22431541.jpg


材料(4人分)

お米            350~400g
たまねぎ               1コ
白ワイン              1cup
野菜のブイヨン    500cc~750cc
きのこのクリーム         1cup
オリーブオイル(EXV)


作り方

① たまねぎはみじん切り、ブイヨンは常に弱火でフツフツと沸騰している状態にしておく。

② なべにオリーブオイル(大さじ3くらい)を入れ弱火にかけ、たまねぎを炒める。

③ たまねぎが透き通ってきたらお米を加え全体にオイルが行き渡るように軽く混ぜ合わせる。

④ ③にワインを加えてアルコール分を飛ばすように中火にかける。

⑤ お米がワインを吸い込んだら、野菜のブイヨンをお米が被るくらいに加えて弱火で煮る。

⑥ 途中様子を見てかき回し(日本のお米は粘りが強いので焦がさないように注意しながら
なべを揺するようにするのがベスト)ブイヨンがなくなったら足して行く・・・この作業を繰り返す。

⑦ お米がアルデンテになったら(少し芯が残っている状態ね♪)きのこのクリームを加えて一煮立ちさせ、塩で味を調える。

⑧ フタをして10分くらい蒸らしてからお皿に♪あればイタリアンパセリを飾る。

※白ワインに合う、秋の味♪

※残ったリゾットは翌日コロッケにしたり焼きリゾットに♪




おまけ   日替わりパン♪
d0170140_2315985.jpg

今月からアンドレアくんが働いているわが家の近所のお店で日替わりのスペシャルパンが販売されるコトになりました~♪わーっ、パチパチ!!
新しいモノが大好きなruggineさん、早速購入してみましたよ♪
d0170140_23132640.jpg

d0170140_23164236.jpg

月曜日はPane di segale(パーネ ディ セーガレ)、ライ麦パンです。
切った瞬間、気分はハイジ♪
コクがあって噛めば噛むほどうま味がじんわり♪




d0170140_23245058.jpg

ホントに家出しちゃうじょー。
[PR]

by ruggine | 2011-09-26 23:28 | お米・穀物料理  

りんごぎっしりケーキ oishii

みなさんこんにちは。
日本は3連休の最後の日でしたねぇ・・・。
ここカザルパロッコは日に日に秋へと向かっております。
窓から入ってくる日差しも柔らかく感じます。
「こんな日はりんごのケーキがピッタリね♪」と飼い主さん。
えー、またお菓子ィ~???「おにく」じゃナイのー???
「次回は「おにく」レシピにしてあげるからさ、今日は許して♪」
んもう~っ、絶対次回は「おにく」だからねっ!!
今回は今年初♪ギュウギュウに詰めたりんごがおいしい♪りんごぎっしりケーキを紹介します。

りんごぎっしりケーキ
d0170140_21375562.jpg


材料

全粒粉             70g
コーンスターチ         30g
ベーキングパウダー   小さじ1
オリーブオイル        50cc
たまご              1コ
ブラウンシュガー       50g
りんご            2~3コ
牛乳              50cc

作り方

① りんごは皮を剥き、タテ1/4に切り約5mm幅のくし切りしておく。粉類は合わせて振るっておく。ケーキ型に合わせてクッキングシートを切り敷き込む。

② ボウルにオリーブオイル、たまご、ブラウンシュガーを入れて混ぜ合わせる。

③ ②に粉類と牛乳を少しずつ交互に加えてサックリと混ぜ合わせる。

④ ③の生地を型に流し込み、りんごを生地にはめ込む要領でぎっしりと詰めていく。

⑤ 最後に上からブラウンシュガーを軽く振りかけ180℃のオーブンで15~20分焼く。

※りんごは隙間なくぎっしりと詰めるとおいしいよ。

※お好みでシナモンや各種スパイスを加えてみてね。

コチラのケーキもよろしくね。




おまけ その①   今の季節の日曜日の朝は・・・
d0170140_2231353.jpg

テラスでちょっと(だ、だ、だいぶ?)遅めの朝ごはん。至福の時ですねぇ・・・。




おまけ その②  
d0170140_2265269.jpg

今日の朝ごはんに食べたこのぶどう、Pizzutello(ピッツテッロ)という品種です。
特徴はご覧のように粒が細長く、とっても甘くておいしいのです。
皮ごとプチプチ食べちゃいます。(あ、タネに気をつけてね。)
この時期にイタリアにいらっしゃる機会がありましたらぜひお試しくださいね♪
ちなみにこちらはPizzutello Bianco=白ピッツテッロ、この他にグレープ色の
Pizzutello Nero=黒ピッツテッロもあります。
ruggineさんはあっさりしたBiancoが好きだなあ・・・。




d0170140_22153615.jpg

ぶー。ボクはケーキは食べませんよ。
[PR]

by ruggine | 2011-09-25 22:17 | お菓子  

飼い主さんのひとりごと。(その19) 霊感と前世と。

みゅは~。みなさんこんにちは。
気持ち空が高くなった気がする?!カザルパロッコです。
青空も澄んでいます。
今回は毎回大好評♪(えーっ???)飼い主さんのひとりごとだよ。

霊感と前世と。
d0170140_17424656.jpg

もしかしたらみなさんの周りにも1人や2人、霊感が強い方っていらっしゃるかもしれません。
あるいはこのブログの読者のみなさま(そんなにいるのか...?)自身がそうだったりして?!
ちなみにruggineさんは全く霊感はなく、あってもたま~に「金縛り」にあうくらいです。
でもこの「金縛り」ってのもよーく考えてみると中途半端な時間にうたた寝をしてしまったり
メチャクチャ疲れているとき・・・だったりして霊的なモノはゼロ。
あとはコワい話を聞いて体に鳥肌が立つくらい・・・。
ruggineさんが思うに霊感が強い人ってやっぱり繊細な人だと思うのですよ。
あとは純粋無垢な赤ちゃんとか動物とか・・・。
ruggineさんの子供達が小さかった時に宙をジーッと見つめていたりしていましたからね、
もしかしたら私たちも赤ちゃんのときには何かそのようなモノが見えていたのかもしれません。
ただ記憶に残っていないだけで・・・。
ま、何事にも大雑把・テキトーなruggineさんに「霊感」を求めるってのがそもそもムリな話。(笑)

OL時代の同僚のM子ちゃんってのがそうでした。M子ちゃんはお母さんもそういった体質で
母娘で・・・まあM子ちゃんがお母さんのDNAを受け継いだ?よく温泉旅行に行くとM子母が
「あー、いる、いる。」とか、またお家の中でも「どっかから入ってきちゃった。」とか・・・。
でも慣れているっていうのか普段の生活に他の人に見えないモノが見えているだけ・・・的な
感覚であまりコワそうではありませんでした。母娘揃ってとっても明るくて面白かったし。
またruggine弟の友人のBくんってのもそうみたいで以前仕事で出張先のホテルで
部屋に入った途端にナゼかとってもイヤ~な気分になったんですって。
息苦しいというか、なんか部屋の中に重たい空気が・・・みたいな。
それで壁に掛けてあった額縁をサッと裏返してみたら・・・なんと!!
「お札」が貼ってあったそうです!!コワ~っ!!
スグにフロントへ行って部屋をかえてもらったそうですよ。
d0170140_188729.jpg

なんだかこういうのってTVや映画だけの世界・・・って思っていたんですけど意外と日常に
起こっている現象なんですねぇ・・・。
そういえばその昔、「湯殿山麓呪い村」という映画がTVで放送されて家族で観ていた時に
当時小さかったruggine弟は「コワい。」と言ってそのまま観ずに就寝、ruggineさんは冒頭で
確かお風呂場でミイラ化した手が発見されてコワくなって就寝、ruggine母と姉だけが
最後まで観ていたのですよ。
そして夜中にruggine母がウンウンとうなされ、ruggine姉が明け方「きゃあ~っ!!」と
悲鳴を上げて飛び起きる・・・というコトがありました。母は誰かに追いかけられていて
逃げようにも思うように足が進まない・・・姉は紀〇国屋の店長に首を絞められる夢を
見たそうだ。それにしてもナゼ、紀〇国屋???
でもこの現象もきっと寝ている間に脳の一部がこの映画を覚えていて・・・(きっと強烈なシーン
とかがあったんだと思います。)このようなカタチになって現れたワケで霊的なモノではない、
と言い切れますよね。
d0170140_18234537.jpg

ココでruggineさんが体験した不思議な現象を2つお話したいと思います。
2つとも共通の「あるモノ」が関わっていて自分の人生の中でも印象に残っているのです。
ま、たいした話ではナイんですけどね、まあ聞いてくださいな。

まず1つ目は私が高校生の時のお話。

当時女子高生だった私は学校が終わるとお昼を食べたにもかかわらず友達と
ファーストフード店に寄ってハンバーガーセットを食べ、テキトーにブラブラして帰る・・・
という毎日だったワケですが、なんせ若い。家に帰るとお昼寝をしちゃうワケですよ。
ある日いつものように帰宅すると母が「お買い物に行くんだけれど雨が降りそうだから
干してある布団に気をつけといてね。まあ降らなかったらそれでも16時までには
取り込んでおいて。」と言う。さらに「アンタはいつも寝ちゃうから忘れないでよっ!!」
という小言付き。(笑)
「はい、はい、気をつけますですよーだ。」で母は買い物へ、ruggineさんはと言うと
・・・案の定眠ってしまったんですねぇ。
しばらくすると母親が帰って来て、トントンと階段を上がってくる音がする。
「ハッ!!布団入れなきゃっ!!」と慌てるもカラダが思うように動かない・・・。
ruggine母の足音はどんどんと近づいてきてしまいには私の部屋に入って来た・・・。
「あー、どうしようっ。」とアセっていると母が私の上に覆いかぶさって来て身動きが
取れなくなってしまったのですよ。「ち、ち、ちょっとお母さんっ、重いよっ!!どいてぇ~。」
と、アワアワしているうちにハッと目が覚めて、時計を見るとジャスト16時!!
慌てて布団を取り込んで「ふぅ。」と一息ついたと同時に母が階段脇から「ただいま~。」と
顔を出して飛び上がるほどに驚いた。「えっ?いつ帰って来たの?」「たった今よ。」ひーっ。
d0170140_20113657.jpg

2つ目は社会人時代のお話。

当時お付き合いをしていたカレのお家に週末泊まりに行った時のことです。
お休みの日ぐらいゆっくり寝ていたいruggineさん。その日も布団の中で朝寝を
楽しんでおりました。ところがカレは「お休みの日こそ朝から時間を有効に使おうぜ!!」
的な人で朝から張り切っているワケ。
「ちょっと散歩に行ってくるから・・・そうだな、1時間後には出れるように支度しとけよー。」
と言われ布団の中から「はーい。いってらっしゃーい。」と手を振るruggineさん。
「ぬふふ♪もう少し朝寝を楽しめるわ~。」とも思ったんですケドね、私の性格上また眠りこけて
しまうと考え、「そうだっ!!布団を畳んじゃえばもう寝れないもんねー。」と布団を畳むことに。
出掛ける準備も整いあとはカレを待つだけ・・・、ふと時計を見るとまだ30分以上も時間が
あるではないですか。「本でも読んで待っていようかしら?」と小説本片手に畳んである布団に
寄りかかるruggineさん・・・、しかしこれがマズかった。またウトウトし始めちゃったのですよ。
どれくらい時が経ったのでしょうか?ガチャっとドアの開く音。「ヤバイっ!!帰って来た!!」
靴を脱ぐ音が聞こえてリビングに向かってくるカレ。リビングの隣にある和室で寝ていたのですが私を覗き込み寝ていると思ったらしくてキッチンに戻り蛇口を開けるカレの後ろ姿が・・・。
「あー、もう起きなきゃっ!!」と「えいっ!!」と気合を入れて飛び起きた瞬間にガチャっと
ドアが開く音・・・。「おー、準備出来たかー?」とカレが入って来ました。
「えっ???じゃあさっき私の顔を覗いた人って・・・???」ひー。
d0170140_20314938.jpg

・・・でもね、この2つの出来事もよーく考えてみると霊的なモノではなくってどっちかって言うと
テレパシー???みたいなモノだと思うのですよ。
お互いが離れた場所で同じコトを心配、あるいは強く考えている気持ちがぶつかり合って生じる
現象、とでも言うのかなあ・・・?ruggine母は娘が「布団をちゃんと入れてくれるかしら?」で
当のruggineさんは「布団、入れなきゃっ!!」で、お互いがお互いを思っている・・・みたいな。
2つ目の出来事もruggine元カレは「アイツ、ちゃんと準備しとんのかー?」でruggineさんは
「出掛ける支度しなきゃっ。」で。
人間の「脳」が眠る前の残像に影響されてこのような現象がおこるのでしょうかね?
d0170140_20424480.jpg

そうそう、この2つの出来事の共通のあるモノって「布団」!!
私の人生でたった2回の不思議な体験でしたけれど、偶然にもどちらの出来事にも布団が
関係しています。だからruggineさん、たまーに思うんですよねぇ、もしかして私の前世は
布団屋さんの娘じゃあなかったのか・・・なんて。
「いや、タダのナマケモノですよ、アナタは。」という声が聞こえてきそうだ。(笑)
みなさんにもこんな不思議な体験ってありますか?よろしかったら教えてくださいね。

d0170140_2059076.jpg

※写真は箱根神社。ホームページはコチラ。




d0170140_213842.jpg

ボクにも人には見えないモノが見えるのです。

ルッジネさん、トカゲを狙っているのが見えてますけど?
[PR]

by ruggine | 2011-09-23 21:10 | ひとりごと  

きのこのクリーム

みなさんこんにちは。朝・晩はめっきり涼しくなったのに
日中はまだまだ暑いカザルパロッコです。
飼い主さん、今日も頑張ってお家のお掃除をしていますよ。
「ぎゃあ~っ!!疲れた~~~~~っ!!」と吠える飼い主さん。
お疲れの時には「おにく」でスタミナつけないとっ!!ねえ???
「いや、なんかドカ~ンと高カロリーなモノが食べたいわ~♪」
だから「おにく」・・・・。
「そうじゃナイのよっ!!まったり&どっぷり♪生クリームとか~。」
またあ・・・。
今回は生クリームたっぷり♪秋のアンティパスト♪きのこのクリームを紹介します。
ああ、「おにく」は一体いつ登場するのだ???ボクが主人公のブログなのにぃー。

きのこのクリーム
d0170140_23563012.jpg


材料(カフェオレボウル1杯分)

マッシュルーム          400g
にんにく               2片
生クリーム            200cc

オリーブオイル(EXV)

作り方

① マッシュルームは汚れを取り除いていしづきを切り落とし1/4にカットしておく。

② フライパンにオリーブオイル(大さじ3くらい)を入れて弱火にかけにんにくを炒める。

③ にんにくの香りがしてきつね色になったら①のマッシュルームを加える。

④ フタをしてマッシュルームに火が通るまで炒め、生クリームを加える。

⑤ 中火にして生クリームが沸騰する前に火を止め、塩で味を調える。

⑥ 荒熱が取れた⑤をフードプロセッサーにかけてペースト状にする。

⑦ 冷蔵庫で冷やす。

ブルスケッタに塗って食べるとおいしいよ。

※温め直せばお肉料理のソースにも、パスタにも、リゾットにも♪お試しあれ~。




おまけ   自動車に教習があるように・・・
d0170140_0112253.jpg

d0170140_0143830.jpg

電車の運転にもこんな車両があるんだねぇ。運転士さん、ガンバレ~♪




d0170140_019435.jpg

もうフテ寝するしかありません。

ルッジネさんっ、クッション2段重ねでゼータクですよお~っ。
[PR]

by ruggine | 2011-09-22 00:23 | アンティパスト  

キャロットケーキ

今日は朝からヒンヤリと冷たい空気が流れるカザルパロッコ。
ああ、秋が始まったのですねぇ・・・。
天然毛皮のボクとしてはこれから過ごしやすい季節です。グフフっ。
モチロン食欲の秋でもあるしねぇ!!
「あら~、朝からヒンヤリするわね~。」と飼い主さん。
そうでしょう?ここは一つ温かい「おにく」料理でも・・・ねえ???
「あら、それより温かい紅茶が飲みたいわよ。だから紅茶に合うケーキ!!」
もーっ、またお菓子ですかい・・・。
「だってぇ、Sotto il Soleさんのにんじんケーキがとってもおいしそうだったんですもの~。」
今回は紅茶と一緒に秋の味♪ザクザクアーモンドの食感がおいしい♪キャロットケーキを
紹介します。
Sotto il Soleさん、おいしいアイディアありがとう♪

キャロットケーキ
d0170140_522075.jpg


材料(マドレーヌ型(小)約20コ分)

全粒粉              70g
コーンスターチ          30g
ベーキングパウダー    小さじ2
シナモン            〃 1
アーモンド(皮なし)       100g
にんじん(小)            1本
オリーブオイル       大さじ3
たまご              2コ
ブラウンシュガー        100g
牛乳              100cc

作り方

① 全粒粉からシナモンまでの粉類を合わせて振るっておく。

② アーモンドをフードプロセッサーにかけて粗めに砕いておく。にんじんはすりおろしておく。

③ ボウルにオリーブオイル、たまご、ブラウンシュガーを入れて混ぜ合わせる。

④ ③に②のアーモンドとにんじんを加えてさらに混ぜる。

⑤ ④に①の粉類と牛乳を少しずつ交互に入れサックリと混ぜ合わせる。

⑥ マドレーヌ型の8分目まで⑤の生地を流し入れ180℃のオーブンで約12~15分焼く。

※アーモンドの食感がザックザク、シナモンふんわり♪おいしいよ。

※ティータイムにピッタリ♪お試しあれ~。




おまけ   ハイビスカスの一種???
d0170140_5225349.jpg

d0170140_5245784.jpg

d0170140_528041.jpg

d0170140_5294626.jpg

いつも行くスーパーの途中に咲いていました。
ハイビスカスなんでしょうかねぇ・・・???




d0170140_5342010.jpg

日差しはもう秋・・・。
[PR]

by ruggine | 2011-09-21 05:36 | お菓子  

飼い主さんのひとりごと。(その18) ファンタオレンジ事件?!

みなさんこんにちは。
昨夜カザルパロッコは一体何日ぶりだろう・・・???ものすごい雷・雨・嵐でしたよ。
今日は昨日のなごりか風の強い一日となりました。
このまま秋になるのかなあ・・・?
さて今回は飼い主さんのひとりごとだよ。

ファンタオレンジ事件?!
d0170140_22414979.jpg

・・・なんて大袈裟なタイトルをつけちゃいましたけれども、ちょっとした発見があったので
今回記事にしてみましたよ。
先週ruggine弟夫婦がイタリアに遊びに来てくれました。
今回の旅行はツアーだったのですがツアー最終日が「ローマ終日フリー」。(嬉っ!)
ローマで待ち合わせをしてショッピング&観光と楽しみました。
で、ランチタイム♪
おいしいサルシッチャのパニーニに舌鼓♪
弟夫婦はコーラをオーダー、ruggineさんはファンタオレンジをオーダーしました。
パニーニを食べ終わる頃、ファンタオレンジが少し余っていたので弟夫婦に「飲む?」と
渡すruggineさん。
一口飲んだruggine弟が一言、「あっ!!」とオドロキの声を上げるではありませんか。
「えっ?どうしたの?」
「日本のファンタオレンジと味が違う~!!」と言うのです。
続いて飲んだruggine義妹も「あっ!!ホントだ~っ。違うっ、違うっ!!」と・・・。
ええーっ!!ファンタって世界共通の味じゃないの~~~~~~っ???
もしかして知らなかったの、私たち3人だけ???
弟夫婦によると日本のファンタオレンジよりちゃんとオレンジの味がする、というのです。
早速ボトルの成分を調べてみると・・・フムフム、オレンジ果汁12%の表示が。
そこで急遽「ファンタオレンジ調査委員会」を設立し、弟夫婦は帰国の途につきました。

後日、調査員のruggine義妹から早速報告がありました。
なんと日本のファンタはオレンジ果汁0%!!ええーっ!!
ruggine義妹もruggineさんもこの発見にオドロキを隠せませんでしたよ。
ってコトはファンタオレンジって各国で味が微妙に違う???
後で考えてみたんだけれど、イタリアっておいしいオレンジの産地。
イタリア人は全員オレンジのおいしさをよく知っているワケでさすがにオレンジ果汁が
入っていないと売り上げに影響するのかも・・・なんて。
その国の風土・文化に合わせて配合も微妙に違うのかしらん???
ruggine義妹は「イタリアのファンタオレンジがまた飲みた~い♪」だ、そうだ。(笑)
うん、来年の弟夫婦のお土産はイタリア版ファンタオレンジに決定!!
と、思ったruggineさんなのでした。




おまけ   ファンタグレープはナイけれど・・・、
d0170140_23203496.jpg

イタリアにはファンタ アランチャ ロッサがあるよ!!
ブラッド オレンジ果汁入りのファンタです。
ま、たった3%だけどね。(笑) 残りの9%はフツーのオレンジ果汁・・・。
それでもアランチャ ロッサ・・・。
イタリアにお越しの際はぜひお試しくださいね♪




d0170140_23301589.jpg

まったり。
[PR]

by ruggine | 2011-09-19 23:34 | ひとりごと