「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ブログの夏休み♪

みなさんこんにちは。
いつもいつもルッジネさんと飼い主さんのブログに遊びに来てくれてありがとう。
今週よりブログの夏休みに入らせていただきます。 ←なんとイタリア人的なっ!!
また再開後にお話出来るコトを楽しみにしております。
みんな、元気でね♪

d0170140_631795.jpg

キミは休み過ぎ、です。
[PR]

by ruggine | 2013-06-17 06:05 | ごあいさつ  

本日のニャンコさま&ルッジネさん。 わが家の前。

d0170140_6235274.jpg

まっ♪ニューフェイスちゃん???





d0170140_6252172.jpg

すたこら、すたこら。 あっ!!ま、ま、待ってぇ~。どうして逃げちゃうの???





d0170140_6363528.jpg

やっぱり。(笑)





d0170140_6423524.jpg

ココはオイラのテリトリーなんだからね。





d0170140_6473185.jpg

ん???





d0170140_6554362.jpg

油断も隙もあったもんじゃないよね。ったく。

あははっ、くろくろちゃんもどうしてもわが家の近くがイイらしい。





d0170140_7474410.jpg

むっ!!またまた怪しいニオイがするし。





d0170140_7504428.jpg

どれどれ、ちょこっと拝見。





d0170140_7544494.jpg

ばびゅーーーーーーんっ!!

逃げ足が速くてシャッターが追いつかないっ。

わが家の前はいつもニャンコでいっぱい♪ルッジネさんも気が抜けないね。
パトロール、これからもしっかりねっ!!
[PR]

by ruggine | 2013-06-14 06:21 | ルッジネ&ニャンコ  

イタリアの野菜のお話。(その10) ズッキーネ トンデ

みなさんこんにちは。
今日は朝からギラギラ太陽が照り付けているカザルパロッコです。
今回は久しぶりにイタリアの野菜のお話シリーズ。

ズッキーネ トンデ(Zucchine Tonde)
d0170140_19481346.jpg

ズッキーニ、日本でもだいぶ馴染みが出てきましたよね。
きゅうりのような長いタイプが一般的ですが今回ご紹介するのは「トンデ=丸い」タイプ。
大きさは野球ボールくらいでコロンとしたカタチがとってもカワイイ♪
ココでちょっとわが家流の食べ方をご紹介します。


ズッキーネ リピエーネ
d0170140_2151359.jpg

材料

ズッキーネ トンデ         8コ
牛ひき肉              300g
ハーブ(好みのモノ)
モッツァレッラ
白ワイン
オリーブオイル(EXV)
パルメザンチーズ

黒コショウ

作り方

① ズッキーニは洗ってヘタを取り中身をくり抜く。(ズッキーニの底の部分も薄くスライスしておくと座りがよくなるよ。)中身をくり抜いたズッキーニ(容器)を茹でる。沸騰したらそのまま5分程茹でて取り出し、水気を切っておく。

② くり抜いた中身はざく切りにしておく。ハーブ(ruggineさんは今回はバジルとローズマリー、オレガノを使用。)はみじん切り。

③ フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にかける。

④ ②のズッキーニを加えて炒める。

⑤ ズッキーニが透き通って柔らかくなってきたら白ワインを回し入れ火を強めてアルコール分を飛ばす。

⑥ ワインの水分がなくなってきたらひき肉、ハーブ類を加えてさらに炒める。

⑦ ひき肉が炒まったらパルメザンチーズ、塩、黒コショウで味を調え(詰め物の場合、味は気持ち濃い目にするとイイですよー。)冷ましておく。

⑧ ⑦のひき肉をズッキーニに詰めてモッツァレッラをのせて200℃のオーブンでモッツァレッラに焦げ目がつくまで焼く。





おまけ  同じ詰め物と言えば・・・、
d0170140_22193829.jpg

d0170140_22205427.jpg

Pomodoro al riso(ポモドーロ アル リーゾ)♪
ローマの夏ごはんの定番です。作り方はコチラを見てね。





d0170140_22331475.jpg

ムフフ。

あーら、また含み笑いなんかしちゃって!!
[PR]

by ruggine | 2013-06-13 23:08 | サラダ&野菜&フルーツ  

ニッポンっ!!な、お菓子♪

d0170140_22413761.jpg

フフフッ、その名も「nippon」♪





d0170140_22442364.jpg

ヨーロッパにお住まいの方はご存知なんじゃないかしら???
ドイツのチョコレート菓子です。





d0170140_2247191.jpg

お米のポン菓子をチョコレートでコーティングしてあるから「nippon」なのかもね~。
なーんか懐かしい味がして好きなのだ。






おまけ  キレイな・・・、
d0170140_22553514.jpg

夕焼け雲。本格的な夏の到来です。





d0170140_22571767.jpg

あぢ~~~~~~。

毛皮着用のキミには厳しい季節ですねぇ・・・。
[PR]

by ruggine | 2013-06-12 23:14 | 好きなモノ  

シェフに教わったカルボナーラ

みなさんこんにちは。
今日は心地良い風が吹き抜けるカザルパロッコです。
あー、顔を撫でて行く風がホントに気持ちイイよ。
「今日はいつものカルボナーラがさらにおいしくなって登場よん。」と飼い主さん。
おおー、パンチェッタ倍増ですかっ???
「パンチェッタの量は別に変わりませんよ。」
あっそ。じゃ、ナニが違うの???
「んふふ♪あるシェフから教わったのよ。」
そうなんだ。それじゃあおいしいコト間違いナイね!!
今回は濃厚&おいしい♪シェフに教わったカルボナーラを紹介します。

シェフに教わったカルボナーラ
d0170140_23305100.jpg

材料(4人分)

スパゲッティ          400g
卵黄               5コ分
パンチェッタ           100g
ミネラルウォーター      1/2cup
ペコリーノチーズ
パルメザンチーズ
黒コショウ

作り方

① 小さなボウルに卵黄を溶きほぐしてミネラルウォーター(発泡性のガス入りの水のコトだよ。)ペコリーノチーズ(ひとつかみくらい)を混ぜておく。パンチェッタは短冊切りにしておく。

② フライパン(後でスパゲッティを炒めるので大きいフライパンにしてね。)を弱火にかけてまだフライパンが冷たいうちにパンチェッタを加える。(油は使いません。)

③ パンチェッタの脂身を溶かすようにしてじっくりと炒め、そのまま火を止めて置いておく。

④ パスタを茹でザルにあけ、①のたまごと一緒にフライパンに入れ、サッと混ぜ合わせる。

⑤ ペコリーノチーズ、パルメザンチーズ、黒コショウをガリガリ挽いて出来上がり。

※ポイントは卵黄に混ぜるミネラルウォーター♪

※オイルなし、パンチェッタの脂だけでヘルシー???

※本格派シェフの味♪お試しあれ~。





♪~♪お知らせ♪~♪
d0170140_23481811.jpg

9日より世田谷パブリックシアターで公演中の「オセロ」、
ruggineさんのお友達が出演しています。(写真イチバン右のマコっちゃん。)
マコっちゃんとは小・中学校時代の同級生、地味な「落し物係」を一緒にやった仲。(笑)
成績優秀&おぼっちゃま臭プンプンのマコっちゃんが成人式の後の飲み会で
「オレは役者になるんだーっ!!」と歌舞伎町のど真ん中でガウガウ吠えていたのを
「えーっ!?マコっちゃんが???」と、ビックリしながら眺めていたっけなあ・・・。
あれから20ウン年・・・あの歌舞伎町宣言通りになりました。
仲村トオルさん&山田 優ちゃんのファンのみなさまっ!!観に行ってね~♪(笑)





d0170140_0181739.jpg

たまご、温めてます。

ん???それって朽ちたレモンの実ぢゃあ???
[PR]

by ruggine | 2013-06-11 00:21 | パスタ  

今日は楽しいバーベキュー♪

d0170140_23301050.jpg

快晴のカザルパロッコ♪今日は息子クンのお友達を招待してBBQ大会を開催♪





d0170140_23385335.jpg

本日の「おにく」と・・・、





d0170140_233951100.jpg

本日の火熾し要員の・・・、





d0170140_23423619.jpg

ロレンツォくんと息子クンと・・・、





d0170140_23442147.jpg

待機要員のルッジネさん。(笑)





d0170140_23472947.jpg

「くぅーっ、煙が目に沁みるぜぇ。」 おっ、パトリックくんもやって来ました。
ちなみにこのパトリックくんはイタリアのデキスギくん。イタリアのテストの成績は10点満点。6点以上が合格ライン、5点以下は不合格。毎年学年末(6月)に合否が発表されるのですが昨年全教科10点満点で高校3年生を終了したのだっ!!
ああ、パトリックくん、ナンでruggineさんの息子に生まれなかったのううう???






d0170140_23575480.jpg

本日のロッソはアリアーニコ♪カンパーニャ州はべネヴェントのワインです。





d0170140_23593545.jpg

さあ、お肉を焼きましょう♪





d0170140_021315.jpg

待機要員なので待機中。





d0170140_055456.jpg

イイ色に焼けてきましたよおおおお~♪





d0170140_085614.jpg

待機要員なのでさらに待機中。





d0170140_011295.jpg

いただきまーすっ!!





d0170140_012892.jpg

ちょっと距離を縮めて待機要員、待機中。





d0170140_0174645.jpg

みんなでワイワイ楽しいね。





d0170140_0193956.jpg

おっ、待機要員に動きが。





d0170140_026043.jpg

「ココで待ちます。」
確かこの時もロレンツォくんの足元で待ってたよね。(笑)
それにしても1年とちょっとでロレンツォくんも息子クンも大人っぽくなったなあ・・・。






d0170140_0345467.jpg

やっとボクにも「おにく」~♪♪♪





d0170140_036470.jpg

ムシャムシャ。





d0170140_0375452.jpg

早速食後の一休みです。





d0170140_04037100.jpg

とろ~ん。





d0170140_0412113.jpg

・・・・・。





d0170140_042791.jpg

Zzzzzz・・・・・。

ロレンツォくん、パトリックくん、楽しいひとときをありがとう。また遊びに来てね♪
[PR]

by ruggine | 2013-06-10 15:02 | 出来事  

オスティア アンティーカまで♪

d0170140_17301870.jpg

暮れ行く日を眺めつつ・・・、





d0170140_17324945.jpg

やって来ました♪ファットリーア兼リストランテ&ピッツェリア♪
「AL CONTADINO NON FAR SAPERE」(アル コンタディーノ ノン ファル サぺーレ)





d0170140_17325251.jpg

席に着くとスグに洋ナシとチーズ&はちみつが運ばれてきます。
この3品はこのお店の名前に由来しています。
AL CONTADINO NON FAR SAPERE、農民には教えてはならない、
つまり洋ナシとチーズとはちみつの組み合わせがおいしいコトを農民には教えてはならない、
教えてしまうと働かなくなる・・・農民は働くのみ・・・という昔のちょっと哀しい云われ。
ま、今はそんなコトありませんケドね。





d0170140_17531674.jpg

まずはアンティパストと赤ワインで乾杯~♪
きのこ、オリーブ、なすとパプリカのオイル漬けにブルスケッタ、モルタデッラにそして・・・、





d0170140_17561657.jpg

自家製リコッタ ディ ブーファラの自家製栗の花のはちみつがけっ!!
きゃーっ!!卒倒レベルの美味さじゃっ。





d0170140_17574920.jpg

ruggine夫はフンギ(きのこ)のピッツァ♪





d0170140_17584976.jpg

ruggineさんはトリュフと生ハム、パルメザンチーズのピッツァ♪





d0170140_180391.jpg

ああ・・・トリュフとモッツァレッラが溶け合ってる~っ!!





d0170140_1832418.jpg

席のトナリではお肉を焼いています。
モチロンお肉もココで育てた牛さん、ブタさん、鶏さん。(←ちょっとかわいそうだけど・・・。)





d0170140_1852780.jpg

ぶ厚いステーキがグリルにのっているのが見えるかしら???





d0170140_1864375.jpg

焼きあがりました。ちょっと見えにくいんですけど・・・すごい厚さでしょ???





d0170140_1871627.jpg

これからの季節はテラスでの食事がイイかもね。





d0170140_1884855.jpg

週末というコトもあって店内も外も満員御礼でした。





d0170140_18102048.jpg

ご満悦のruggineさん♪アンティパストでお腹がいっぱいになっちゃって(←いつもガツガツし過ぎ。)
半分しか食べれなかったピッツァを箱に詰めてもらいました。
今夜温め直して食べるのだ。わーいっ。


AL CONTADINO NON FAR SAPERE...Ristorante Pizzeria

住所 Via della Macchiarella, 128  Ostia Antica  Roma

TEL  0656350219

お店のHPはコチラ





d0170140_1822926.jpg

「ぶ厚いステーキ・・・。」

今日も最後まで読んでくれてありがとう。
みなさん素敵な週末をお過ごしくださいね。
[PR]

by ruggine | 2013-06-07 18:23 | お出かけ  

Pastiglie Leone(パスティリエ レオーネ) その5

d0170140_165451.jpg

シリーズ第5段は・・・メンバー全員~♪





d0170140_16563727.jpg

反対側。FIAT500(フィアット チンクエチェント)ですね~。





d0170140_1657961.jpg

側面その1。





d0170140_16592334.jpg

側面その2。





d0170140_170196.jpg

フタ。気になるお味は・・・想像通りのミックスフレーバーでした。
タイヤ痕がオシャレですよね。
そうそう「ちょっとっ!!ruggineさんっ、肝心のルパンが紹介されてないじゃないっ!!」と、
思ってくださった方、いらっしゃいます???
そうなんです~、主人公のルパン、まだ紹介出来ておりません。
実はオタオタしているうちに・・・売り切れちゃったんだよな。←えーっ!?相変わらず使えないっ!!





おまけ  やっと夏到来のローマ♪
d0170140_171333100.jpg

d0170140_17141376.jpg

d0170140_17151591.jpg

爽やかな陽気に誘われておひとりさまの朝ごはん♪
いや~、それにしてもこのコルネット、ブラックチョコレートが1/2枚どっかーんと
入っているんだな。パイ皮あまあま&中身はビターのコラボが最高でございました。





d0170140_172092.jpg

おトナリの庭師さんが気になって仕方がないルッジネさん、なのでした。

そんなに気になるんだったら手伝ってくればいいじゃん。
[PR]

by ruggine | 2013-06-06 17:24 | 好きなモノ  

トルティーヤの中身♪

みなさんこんにちは。
今日も爽やかなカザルパロッコ・・・やっと夏到来でしょうか???
実はこの寒さ、なんと200年振りっ!!のコトだそうですよ。
「昨日に引き続き・・・今日もレッツメキシカンっ♪」と飼い主さん。
おやおや、今日のメキシカンはナンでしょう???
「トルティーヤの中身を作りましょう~。」
モチロン「おにく」入りですよね???
「フフフッ、今回も牛肉入り~♪」
わーいっ!!
今回は食べだしたら止まらないっ!!トルティーヤの中身♪を紹介します。

トルティーヤの中身♪
d0170140_135157.jpg

材料

牛肉の薄切り       150g
アボカド            1コ
赤たまねぎ          1コ
トマト              2コ
きゅうり            1本
ハラペーニョ         1本
コリアンダー     ひとつかみ
ライム             1コ
オリーブオイル(EXV)


作り方

① 牛肉は熱湯でサッと湯掻いて食べ易い大きさに切っておく。たまねぎは薄くスライス、アボカド、トマト、きゅうりは小さな角切り、ハラペーニョは小口切り、コリアンダーはみじん切りにしておく。(アボカドはレモン汁をかけておこうね。)

② ①の材料をボウルに入れてライムを搾り、オリーブオイル、塩で味を調える。

③ トルティーヤにのせて巻き巻きして出来上がり♪

※ハラペーニョ・コリアンダー・ライムのメキシカングリーントリオ♪おいしいよ。

チリ コン カールネにモッツァレッラをのせてオーブンで焼いたモノも巻き巻きして・・・
レッツメキシカンランチ♪





おまけ  素敵な素敵なプレゼント♪
d0170140_154182.jpg

cucina rossaさんからっ♪わーいっ!!嬉しいなあ~♪
遠い遠い日本からruggineさんを想ってくださる人がいるって・・・幸せ♪♪♪





d0170140_1591922.jpg

しかもこのふきん、ニャンコ柄っ!!きゃーっ、カワイイっ!!
miwaちゃん、本当にありがと~っ♪大切に使わせていただきます。





d0170140_21720.jpg

柔らかな木漏れ日・・・





d0170140_213633.jpg

ぴっちり納まるボディ・・・





d0170140_225350.jpg

やっぱりこのバケツが好き。

やっぱりね。(笑)
[PR]

by ruggine | 2013-06-05 01:25 | サラダ&野菜&フルーツ  

チリ コン カールネ

みなさんこんにちは。
爽やかなお天気のカザルパロッコ。
「あー、一年中こんなお天気だったらいいのにー。」と飼い主さん。
ホントだよね。爽やかな風が気持ちイイもんね。
「こんな日はメキシコ気分???」
はあ・・・相変わらず突拍子もない気分なんですねぇ。
「いいの、いいの、食べたいんだからっ!!」
今回はビバ メキシコっ♪チリ コン カールネを紹介します。

チリ コン カールネ
d0170140_223949.jpg

材料(どーんとたっぷり)

キドニービーンズ         500g
牛肉角切り              〃
ひき肉                300g
にんにく                2片
たまねぎ               2コ
ホールトマト(400g缶)         1缶
オリーブオイル(EXV)
オレガノ
月桂樹の葉
クミン
チリペッパー
パプリカ


作り方

① キドニービーンズは前日に水に漬けて戻しておく。

② にんにく、たまねぎはそれぞれみじん切りにしておく。牛肉は小さな角切りにしておく。

③ 深手のなべ、またはフライパンにオリーブオイルを回し入れて弱火にかけ、月桂樹の葉、にんにくを加える。

④ にんにくの香りがしてきたらたまねぎも加えてさらに炒める。

⑤ ④に牛肉の角切りを加えて火を少し強める。色が変わったらひき肉も加えてさらに炒める。

⑥ ひき肉に火が通ったらキドニービーンズ、ホールトマトを潰しながら加える。

⑦ ⑥にオレガノ、クミン、チリペッパー、パプリカをそれぞれ好みの量を加える。

⑧ ⑦に水を材料が被るくらいの量を加えて強火にかける。

⑨ 沸騰したら弱火にし、丁寧にアクを取りながら豆と牛肉が柔らかくなるまでコトコトと煮る。

⑩ 最後に塩で味を調える。

※仕上げにたまねぎのスライスをのせるとおいしいよ。





おまけ  今日はカプチーノもミニドーナツも・・・、
d0170140_2241421.jpg

d0170140_22423811.jpg

チョコレートがたらりんちょ~♪♪♪にょほほっ。





d0170140_22441927.jpg

「おにく」♪♪♪まだかな~。

んまっ!!ルッジネさんったらっ!!おっさんニャンコなのに・・・この表情カワイイではないですかっ!!
[PR]

by ruggine | 2013-06-04 21:10 | お肉料理