イタリアの野菜のお話。(その7) チコリア

みなさんこんにちは。
今日も雨模様のカザルパロッコです。
今回は大好評シリーズ(←えーっ!?)イタリアの野菜のお話だよ。

チコリア(Cicoria)
d0170140_053178.jpg

和名は辞書で調べるとキクヂシャ、でもチコリと言った方が馴染みがあるかもしれませんね。
みなさんのお住まいの場所にはありますか???
独特なニガ味が特徴の野菜です。
チコリの最もポピュラーな食べ方は茹でてからオリーブオイルでにんにくととうがらしを加えて
ソテーしたもの。↓
d0170140_175767.jpg

味付けは塩だけでシンプルに。
実はこのチコリのソテー、コントルノ(Contorno)=メインの付け合せ野菜として必ずといってイイ
ほどイタリアのドコのレストランにもある一品なんです。
ちなみにコントルノのベスト3はチコリ、ローストポテト、ミックスサラダかな。
ちょっと気の利いたレストランに行くと野菜のミックスグリル、なんてのもありますけどねー。
コチラではレストランでメイン料理(イタリアではセコンドと言います。)をオーダーすると
必ず「付け合せは???」と訊かれるので一度このチコリを試してみてくださいね♪
あ、でもニガ味がニガテな方は無難なローストポテトやミックスサラダで。(笑)

さて、わが家でのチコリの食べ方はと言うと・・・コチラ↓
d0170140_1234790.jpg


チコリのパイ

材料

チコリ            1束
にんにく          2片
とうがらし         1本
オリーブオイル(EXV)

冷凍パイシート      1枚
モッツァレッラ       1コ

作り方

① チコリは根元の茎の固い部分を取り除いてよく洗いほんの少しの塩を入れた熱湯で柔らかく茹でる。
② 茹で上がったチコリの水気をよく切り、ざく切りにしておく。

③ にんにく、とうがらしはみじん切り、モッツァレッラは小さな角切りにしておく。

④ フライパンにオリーブオイルを回し入れ弱火にかけ、にんにく、とうがらしを入れて炒める。

⑤ にんにくの香りがしてきたらチコリを加えて中火にし、オイルを全体に馴染ませるようにソテーする。
⑥ 塩で味を調えて冷ましておく。

⑦ 冷凍パイシートをパイ皿に敷き、冷めた⑥を敷き詰める。

⑧ さらにモッツァレッラをのせて余ったパイ生地でクロスを作り200℃のオーブンで約25分、さらに上段加熱機能で5分、焼き色をつける。

d0170140_133526.jpg

※お好みでサルシッチャを加えるとボリュームのある一品に♪

※コチラでチコリの1束と言うとだいたい800g~1kgほどです。

※パーティーにもピッタリ♪お試しあれ~。




おまけ  今年も・・・、
d0170140_1402047.jpg

クンシランがキレイな花をつけてくれました。




d0170140_14165.jpg

Zzzzzzzz・・・・・

ルッジネさんっ、ちょっと・・・、




d0170140_1414093.jpg

ネコが寝てるトコ、ジャマすんなーっ!!
野菜は食わんのじゃーっ!!


きゃーっ!!




d0170140_1424655.jpg

Zzzzzzz・・・・・

ゴメン、ゴメン、もうジャマはしませんっ。
[PR]

by ruggine | 2012-04-16 01:51 | サラダ&野菜&フルーツ  

<< 飼い主さんのひとりごと。(その... ペスト de ラザニア >>